ヴィエラ率いるニースも1月にサリバのレンタル移籍を望む?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は、いくつかのゴシップニュースを更新していきます!!!

 

 

ヴィエラ率いるニースも1月にサリバのレンタル移籍を望む?

 

今シーズンからアーセナルのファーストチームに加わったものの、CBの人員整理がうまく進まなかった影響を受け、未だファーストチームでのプレー機会がないウィリアム・サリバ。

そういった状況を受け、古巣であるサンテティエンヌが同選手を1月にシーズン終了までのレンタル移籍で加えることを望んでいると伝えられているが、新たに関心を示すクラブが現れたとのこと。

イギリス紙「Metro」によれば、アーセナルのレジェンドであるパトリック・ヴィエラ率いるニースが、サンテティエンヌと同様のシーズン終了までのレンタルでサリバをチームに加えたいと考えているとのこと。

ニースはチームのディフェンスを支えていたブラジル人ディフェンダーのダンテが怪我により長期離脱が避けられないそうで、そういった状況からサリバに白羽の矢がたった模様。

しかし、サリバ自身は慣れ親しんでいるサンテティエンヌ復帰の方が好ましいと考えているそう。

個人的にはヴィエラの下で教育を受けてほしいが、どうなるだろうか。

ちなみに、アーセナルとサンテティエンヌは今夏の移籍市場の際、サリバのシーズンレンタルに合意していたが書類が間に合わず交渉決裂している。

 

 

1月の移籍市場でノリッジのブエンディア獲得へ?

 

今シーズンのアーセナルで再三に渡り問題点となっている中盤のクリエイター不在。

ここまで何名かの選手とリンクされているが、イギリス紙「Metro」は1月の移籍市場に向けてノリッジ・シティに所属するエミリアーノ・ブエンディアをリストアップしたと報道。

football london」も同様にブエンディアをリストアップしたと報じているが、同メディアは獲得するための条件としてノリッジの財務状況に左右されるとしている。

ノリッジは昨シーズンのプレミアリーグで最下位に終わり2部へ降格したが、今シーズンはここまで14試合で8勝を挙げ2部で首位に立っている。

そのため、財政が圧迫されていなければチームの核であるブエンディア放出に乗り気にならないのではとのこと。

また、同選手への関心が噂された背景に、アーセナルの番記者であるオーンスタイン氏が『アーセナルはトップ下から右サイドにかけてプレーできる選手を探している』と報告した事が影響していると考えられている。

アワールに比べればはるかに格安だが、中盤の解決策は2部から引き抜くのだろうか。

ブエンディアのプレー集↓

 

 

イアン・ライトが今シーズン輝いている選手を指名

 

今シーズンここまでのプレミアリーグでかなり苦しんでいるアーセナル。

レジェンドであるイアン・ライト氏も現状に納得いかないようだが、その中でも『輝いている選手』に今夏に加入したガブリエル・マガリャンイスを指名。ウルブス戦終了後にイギリス紙「ミラー」でこう語っていた。

 

「正直、彼はかなりうまくやっている。彼も何度か迷子になっている場面が見られたが、彼は現在アーセナルで輝いている選手の1人だ。」

「私は彼についてあれこれ言うつもりはないよ。彼は彼が出来る最善を尽くしている。」

 

とのこと。

恐らく全アーセナルファンが同じ意見を持っていると思う。

今シーズンの惨状を見れば、今夏にガブリエルがアーセナルに加わってくれたことに感謝しなければ。

しかも現在22歳と伸びしろもたっぷり。頼むからファン・ダイクのようになってくれ!!

ガブリエルの今シーズンプレー集↓

 

 

そして明日の朝はELグループリーグの第5節ラピッド・ウィーン戦。

グループリーグの勝ち抜けが決まっているため、前節同様に何名かの若手選手を起用するはず。

新たに芽が出る選手が出てこればよいのだが!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アルテタ監督が将来的な4−3−3移行の可能性を示唆。その他ニュースも

昨シーズンのデジャブ。メンタリティとは。アーセナル試合レポート

ウルブス戦フォーメーション予想と、少しのニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です