メスト・エジルという漢。アーセナルの威厳を維持させた存在。

ここ数年、チーム状況の低下ともにスケープゴート的な扱いをされることが多かったエジル。

時折魅せるファンシーなプレーで観ている人を楽しませてくれるが、一貫性に欠けるところもあり、アーセナルが支払っている週給35万ポンドに見合ってないと批判されてきた。

そんなメスト・エジルについて改めてどんな選手なのかをレポートしてみました。

ただのアーセナルヲタク、エジル信者の戯言です。

 

 

 

メスト・エジルとは?

 

 

一応エジルについておさらいしておきます。

メスト・エジルはドイツ出身のMFで、自身のルーツはトルコにある。

シャルケのユース出身で、2006年にトップチーム昇格。翌シーズン、冬の移籍市場で500万ユーロの移籍金でブレーメンに移籍。

ブレーメンで活躍後、2010年のワールドカップドイツ代表に選ばれる。そこでも目をみはる活躍をし、夏の移籍市場で1800万ユーロでレアル・マドリーへと移籍。

レアル・マドリーで3シーズンを過ごした後、夏の移籍市場最終日に当時のクラブ最高額となる4700万ユーロでアーセナルへと移籍。

そして現在に至る。

 

 

エジルの残している成績

 

 

wikipediaから抜粋した成績表

ブレーメン移籍後からは、およそ2試合に1回以上の得点関与。

レアル・マドリー在籍時は159試合で107回の得点関与と、いくらレアル・マドリーとは言え並外れた成績を残している。なぜアンチェロッティが放出を容認したのかわからない。

アーセナルでは253試合出場で44ゴール76アシストを記録。

 

 

エジルのパフォーマンス低下

 

 

アーセナル移籍後、エジルは明らかに2度パフォーマンスが低下している。

1度目は2014-15シーズンで、2度目は、2018-19シーズン。

 

1度目のパフォーマンス低下

ここのパーフォーマンス低下は、間違いなくワールドカップの疲れと若干の燃え尽き症候群。このシーズンは怪我で離脱する期間も多く、ワールドカップの疲れはかなり響いたのではないか。

 

2度目のパフォーマンス低下

2度目のパフォーマンス低下の原因は、ヴェンゲル退任だろう。明らかにエメリの戦術とは反りがあっていなかった。この際もワールドカップがあり、通常よりも長いシーズンになった後である。

 

この辺りを鑑みるに、エジルのパフォーマンス低下する原因はワールドカップなのかとも思う。そもそも通年でコンディション維持できるほどの体力がない。レアル・マドリーに移籍したシーズンはワールドカップ後だが、若さとアドレナリンでどうにか出来ていたのかもしれないが。

 

 

エジル批判の原因

 

 

一言でまとめてしまえば『タイミング』

先程、紹介したようにワールドカップ後の疲労とヴェンゲルの退任、さらにはサッカー界の変化によりエジルは取り残されてしまった。

そんな折での巨額な契約延長だったので、目を向けられやすい状態にあった。そのため、スケープゴートになるには格好の的だったわけである。

若干、忘れている人もいるかもしれないが、今シーズンの開幕間近、強盗に襲われてスタートが出遅れたこともフィットネスの観点で言えば『タイミング』が悪かったと思う。

 

 

エジルがもたらしたもの

 

 

タイトルにもあるように、エジルはアーセナルの威厳を維持させた。

エジルの存在でアーセナルが何度ニュースのトピックになっただろうか?エジルは慈善事業にも多数関わっており、多くの国にファンもいる。現在はランキングから外れてしまったが、SNSでの影響力のあるサッカー選手としても上位にランクしていた選手がアーセナルにいるという事実。

正直、エジルの現在の給与が見合っているかで言えば、見合っていないだろう。

サッカー選手である以上、プレーで納得させることが1番である。しかし、現代社会でサッカークラブ運営もマーケティングが重要視されている中で、広告力のある選手が在籍していることはクラブにとって利益であり、威厳につながる。

 

 

復活のエジル

 

 

散々、独り言のように書き散らしたが、望んでいるのはエジルの復活。

アルテタ就任以降スタメンの位置を取り戻し、チームの調子も上向きになっていたところだったので、この調子でリーグ戦再開後に批判している人たちをギャフンと言わせて欲しい。。。

ゴールやアシストこそ少ないものの、試合を見てもらえばわかると思うが、パスだけでなくスペースを作り出す動きやボールを失わない能力など、活躍できる能力がある。

トレーニングを真面目に行い、チームへのコミットが出来る選手しか使わないと断言しているアルテタがこれだけ起用しているのだから、まだまだ期待してもいいのでは??

あまり注目されないが、アルテタ就任後の試合中の走行距離、スプリント回数、最高速度の項目でエジルはチームの1.2を争っている。さらには今シーズンのキーパスがここまで52回に、パス精度が88%であり、攻撃のタクトを振る力はまだ残っているはず!!!

 

 

契約満了までアーセナル残留

 

 

エジルの代理人は移籍の噂が流れるたびに残留を示している。

今夏も同様の構えなようで、先日エジルの移籍ニュースが流れた際には、契約満了までアーセナルに残ることを示唆していた。

現在の様子であれば、おそらく将来エジルはアーセナルのレジェンドと呼ばれないだろう。

なのでエジルには、来シーズンのタイトル獲得するほどの活躍を魅せて識者モドキたちを蹴散らして欲しい。(個人的願望)

 

 

 

ここまで、変態的なただのひとり語りをしましたが、なにを言いたいかと言いますと、、、

 

エジルに復活してほしいんです。。。

 

願望を込めて書かせて貰いました。

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

 

それでは

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

5月12日分、イギリス各紙のサッカー報道まとめ。その他NEWSも有

ランパードがInstagramでメルテンスをフォロー。移籍決定か?

プレミアリーグが今夏に契約満了になる選手にミニマーケットを設立?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です