ムスタフィの売却交渉中とソクラテスのナポリ移籍が破綻。アーセナル移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

先日、当ブログで紹介したように、現在リヨンに所属するフセム・アワールの契約に動いていると報じられているアーセナル。

先日のレポートがこちら→アワール獲得に急接近!?フランスメディアが個人合意とクラブ間交渉を報道

最新の情報では、2度目のオファーも断られてアーセナルがさらに増額したオファーをする予定だとかなんとか、

リヨンは当初、アワールを6000万ユーロで売りたかったが、そんなオファー来なくて4500〜5000万ユーロほどで売却を容認するとか。

アーセナルが獲得に動いていることは間違いないが、情報が色々出てくるので、こちらはある程度まとまり次第レポートしていきます!

今回は、そんな状態にあるアワール獲得のための資金作りに奔走している情報をまとめてレポートしていきます!!!

 

 

ムスタフィがラツィオへ?

 

現在、昨シーズン末に負った怪我によって戦列を離れているムスタフィ。(復帰時期は10月頃になるとのこと)

昨シーズン終盤はアルテタ監督からの信用を勝ち取り、一定のプレータイムを得ていたものの、今夏にパブロ・マリとガブリエル・マガリャンイスを獲得したことと、残り契約が2年となったことで再び放出候補に挙げられていた。

そんな中、イタリア「Lazio PRESS」によれば、セリエAのラツィオがムスタフィ獲得に迫っているとのこと。

同メディアによれば、昨シーズンのリーグ戦を4位で終え、今シーズンはCLを戦うことになる同クラブは、すでに今夏に4名の選手補強を行っているが、あと1人DFを加えたいと考えており、ムスタフィに白羽の矢がたった模様。

なお、すでに交渉は進んでおり、移籍金は1200万ユーロで合意しているとも。現在、ボーナス等の詳細を詰めていると報じられている。

ムスタフィは今夏の移籍市場が開いた当初より、イタリア方面からの関心が噂されていたが、その噂通りイタリアクラブに売却が進んでいる模様。

獲得時に3690万ポンドもの大金がかかった選手の価値が、数年で1200万ユーロとは、、、

 

 

ナポリがソクラテス獲得撤退?

 

これまでの報道により、ナポリ移籍が近づいていると伝えられていたソクラテス。

同選手は、今夏に退団予定のカリドゥ・クリバリのリプレイスとしてナポリに向かうと伝えられていた。

しかし、最新の「Rai Sport」によれば、クリバリの売却がうまく進まず、今夏の退団は見送ることに。そのため、ソクラテス獲得も見送ることとなった模様。

すでに、ソクラテス本人にはナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督から、『サインしない』ことを伝えられたとのこと。

これまでクリバリは、CBの補強を望んでいるマンチェスターCが獲得を望んでいると伝えられ、交渉していたことも報じられていたが、過去に両クラブ間で起きた『※ジョルジーニョの件』のわだかまりが原因で直接連絡が出来なかったこともあり、交渉は決裂していた。(マンチェスターCはその後、ベンフィカのルベン・ネべス獲得)

※ジョルジーニョ問題:2018年夏に個人合意、クラブ間合意を済ませ、移籍が近づいていたジョルジーニョを突如としてチェルシーへ売却した問題。

思わぬ被害で移籍がストップしたソクラテスだが、残りの期間で移籍は実現するのだろうか。

移籍市場が開いた当初ソクラテスには、PLクラブ含む、いくつかのリーグから関心があると言われていたが、まだ獲得に熱心なクラブはいるのだろうか。

 

 

オーバメヤンがバルサからのオファーを暴露

 

先日ついにアーセナルとの契約延長をしたオーバメヤン。

そんなオーバメヤンが、フランスメディアの「Canal+」にて、契約延長前に問い合わせのあったクラブについて問われた際、こう答えていた。

 

「いくつかオファーはあった。特にバルサからだけど、他のクラブからもね。」

契約延長の理由について

「まずは監督だ。ロックダウン中にたくさん話をすることができた。家から何度か話をして、特にプロジェクトの面で納得させてもらえた。」

「ファンやクラブの人たちから受けている愛情ももちろん理由だ。ここに来て以来、彼らの一員として迎えてもらった。僕はここに残る、シンプルにそれだけだ。」

 

と、コメント。

年齢を考えればバルセロナのようなクラブへ移籍するラストチャンスだったが、アルテタの言葉とファンからのメッセージで残留を決意した模様。

コメントにあったアルテタ監督のプロジェクトだが、今夏にアーセナルへ加わったウィリアンも加入後のインタビューで同じことを述べていたが、どのようなプロジェクトなのだろうか。

たしかウィリアンは『3年以内にCL優勝』って言ってた気がするが。具体的なアプローチまで考えているのだろう。そうじゃなきゃ引き止められない。

アルテタ様様である。

 

 

そんな大きな野望を抱くアルテタ・アーセナルは、明日の明朝にリヴァプールとの大一番を迎える。

昨シーズンのプレミアリーグチャンピオンであるリヴァプール戦は、今シーズンを占う一戦と言っても過言ではない。

勝つしかない!!!

 

その他、続報があり次第随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

中盤補強のバックアッププランはジョルジーニョ?アーセナル移籍ニュース

90%不可能でもアワール、パーティの両獲り実行へ?アーセナル移籍ニュース

4名のターゲットを逃したトッテナム。控えストライカー論争に決着か

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です