マンチェスターUの悩みの種。来シーズン、デヘアと競わせる選手を考える。

本日も更新していきます!!!

 

 

 

昨日、マンチェスターUの悩みの種となっているデヘアについてレポートしましたが↓

マンチェスターUの悩みの種。デヘアはなぜミスが増えたのか!?

今回は、今後デヘアのライバル、次期正GK候補となり得る選手を独断と偏見でピックして紹介していきます!!!

サッカーメディアの「qoly」さんも、似た記事を紹介していたので、リンクを張っておきます。良かったら比べて見てください!

「qoly」さんが組んでいた特集はこちら→「ユナイテッド、低調デヘアの後釜にしうる5人の守護神」

 

 

ディーン・ヘンダーソン

 

マンチェスターUの長期的なデヘアの後釜候補として、1番有力なのがディーン・ヘンダーソン。

14歳の時からマンチェスターUの下部組織で育った同選手は、今シーズン堅守を誇るシェフィールドUの守護神として35試合出場し、リーグ3位となる13個のクリーンシートを記録している。(昨シーズンは同じくシェフィールドUで2部ながらも46試合で21個のクリーンシートを達成している。)

ヘンダーソンは、デヘア同様にシュートストップの能力が素晴らしく、集中力も高い。また、相手ゴールまでぶっ飛ばすほどのキック力も魅力である。

そんなヘンダーソンにはチェルシーが関心を示しているそうだが、本人はマンチェスターUで戦う意思があるそう。

スールシャールがデヘアとのローテーションを組むことが出来れば1番の解決策になるはず!

ヘンダーソンの今シーズンプレー集↓

 

 

ルイ・パトリシオ

 

もし、マンチェスターUがディーン・ヘンダーソンを売却、もしくはもう1シーズンレンタルさせるのならば、ベテランの実力者を獲得するのはどうだろうか。

昨シーズンから続くウルブスの好調を後ろから支えているルイ・パトリシオは適任かと。

2018年の夏にスポルティング・リスボンから加入した同選手は、今シーズン、ディーン・ヘンダーソンと同じく13個のクリーンシートを記録している。

圧倒的なスコアを残すタイプではないが、常に安定したプレーを見せており、ポルトガルの正GKも務めている。

現在32歳と、まだまだトップレベルでプレーできるため、デヘアやディーン・ヘンダーソンと共存させるアイデアも。

ルイ・パトリシオの今シーズンプレー集↓

 

 

ニック・ポープ

 

現在9位につけるバーンリーで正GKを務めているニック・ポープ。

この選手は今シーズン、先程紹介した2選手よりも多い15個のクリーンシートを記録している。

イングランド代表にも選ばれている同選手は、実力の割に評価額が950万ユーロとお得であることがポイント。

問題は現在所属しているバーンリーがロングボールとフィジカルコンタクトを駆使するチームであることから、モダンサッカーに適応できるかという所。しかし、近距離のシュートストップには眼を見張るものが。

マンチェスターUで正GKを務められるかは不安だが、デヘアやヘンダーソンとの併用であれば問題ないはず。

ポープの今シーズンプレー集↓

 

 

マイク・メニャン

 

昨シーズンから続くリールの好調を支えているマイク・メニャン。

PSGの下部組織で育った同選手は、2015年にリールへと加入すると3年前の2017-18シーズンから正GKに。そして、昨シーズンに15個、今シーズンは12個のクリーンシートを記録している。(今シーズンはリーグ戦完遂していないため28節時点のクリーンシート数)

この選手は瞬発力が図抜けており、シュートストップに強みを持っている。

また、25歳で有望な選手だが、現所属クラブのリールとの契約が残り2年であることから、比較的安価に獲得が可能である。評価額は1750万ユーロとなっている。

メニャンの今シーズンプレー集↓

 

 

まとめ

 

4選手ピックアップしてみましたが、いかがだったでしょうか?

個人的には4人目のメニャンがオススメで、ヘンダーソンと共に成長させるプランはいかがかと。

デヘアもまだ29歳で、老け込むにはまだ若い年齢だが、昨日のブログで紹介したようにイップスが原因だとすれば、すぐに回復することはかなり難しいはず。

デヘアの復活と、ヘンダーソンとの共存が1番の解決策だろうが、果たして今夏にマンチェスターUはどのように動くのだろうか!?

続報があれば随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ダニ・セバーヨス「Sky sport」独占インタビュー。今後についても語る

グエンドウジ、セバーヨスの動きに進展!?アーセナルの最新移籍ニュース

チェルシーがビッグネーム獲得のために放出する9名とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です