マンチェスターUの悩みの種。デヘアはなぜミスが増えたのか!?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

FAカップこそ敗退したものの、前半戦の不調から立ち直り、最終節を前にして3位まで順位を上げたマンチェスターU。最終節のレスターシティ戦に引き分け以上で、来シーズンのCL出場権確保となる状況である。

そんな好調にあるマンチェスターUで悩みの種となっているのが、昨シーズンあたりから重要な試合でミスをしている正GKのデヘア。

数年前までは世界最高のシュートストッパーと言われたこともある同選手だが、この状態が続けば正GKはく奪も近いのでは!?

ということで、今回はそんなデヘアがなぜこんなにミスが増えたのかを考察してみました。

 

 

デヘアの状態

 

まず初めに考えないといけないのが、現在のデヘアの状態。

先ほどもお伝えしたように昨シーズンあたりからのデヘアは不用意なミスが増え、試合への集中力が散漫になっているのではなんてことを言われている。

先日行われたFAカップ準決勝チェルシー戦でも、チェルシーの2ゴール目となったメイソン・マウントのシュートをセーブしきれずゴールとなっていた。

問題となっている先日のチェルシー戦ゴールシーン↓

 

その他のミス集↓

 

 

 

デヘアにミスが増えた原因

 

ショッキングなミスが何度かある一方で、今シーズンのデヘアは37試合で12個のクリーンシートを記録しており、不調であった前半戦に何度もビックセーブでチームを救っていたことも事実。

そこで、なぜデヘアにミスが増えたのかを3つ考察してみた。

 

自身の欠如

まず第一に疑われるのが自身の欠如。

デヘアにこういったミスが増えだしたのは昨シーズンからであり、その原因には2018年ワールドカップで起こしたミスがあるのでは?と考察。

問題のミス↓

 

デヘアはこの年のリーグ戦で18個のクリーンシートを記録し、自信満々で臨んだワールドカップ。

実際、この年のインタビューでデヘアは

「時々、素晴らしいセーブから試合が始まることがある。調子もよくて、負ける気もしないという状態だ。今日はまさにそんな感じだった。」

と話しており、まさに絶好調の状態で起こしたミス。ワールドカップという大きな舞台だったこともあり、脳内にこのミスがこびりついているのでは?

アスリートにとってこういったミスは命取りで、イップスの原因にもなり得る。デヘアはイップスまでの状態になってないものの、無意識のうちに近い状態にある可能性も。

 

能力が高すぎる

意外とトップアスリートに多いのが、能力が高すぎるが故のミス。これにデヘアが該当しているのでは?というもの。

自身の能力が高すぎるせいで、次のプレービジョンが見えすぎている可能性。

デヘアがミスしたシーンを何回か見直したのだが、ミスするシーンはどことなくシュートに意識がいっていないのではと思うところがあり、これは次のプレーがどうすればいいかが見えてしまっているため、シュートを弾く方向ばかりに気が向いてしまっているのではないだろうか。

気になる方は先ほどのミスプレー集を見直してほしい。

 

CB陣との連携不足

ここ数年、マンチェスターUのディフェンス陣は安定しておらず、その影響を受けていたのではないか。

そして、ここ最近上向きになったのは、中盤に戦力が充実したことで、昨夏に加入したマグワイアの負担が減り、ようやく意思疎通が取れる状態になったのではないだろうか。

現に、チームのクリーンシートが増えたのは冬にB・フェルナンデスが加入して以降であり、中盤が安定したことでディフェンス陣にも余裕が生まれたのでは。

それほどに、ディフェンス陣が気を張り続けていたという見方もできる。

他クラブだが、過去にアーセナルDFのソクラテスが『失点の原因はディフェンダーだけでなく、チームにある』と話していたように、チーム状態によって本来のプレーが出来ていなかったという見方も。

 

競争力がない問題

選手として安定した立場にあることで、油断しているのではないかというもの。

どのチームでも選手たちに競争を促すことは通例だが、デヘアの場合、セカンドGKであるセルヒオ・ロメロとの力量の差があり、焦ることがない環境になっているのではないだろうか。

マンチェスターUはこれまで他のポジションにテコ入れを必要としており、デヘアの競争相手を獲得してこなかった。

もちろん、今までの功績を考えればデヘアと競争できる選手などごくわずかなため、難しい問題ではある。しかし、その結果中だるみを起こしているかもしれない。

 

 

まとめ

 

いくつか不調の原因を考えてみましたが、いかがだったでしょうか?

あくまで個人的憶測に過ぎないので、あくまで参考までに。。。

マンチェスターUが今夏にどのような補強プランを持っているかわからないが、残り1節と8月に行われるELの結果によってはデヘアも安泰とはいかないことも。。。

とはいえ、デヘアは今でもトップレベルの選手であり、監督のスールシャールはこれまで何度もデヘアを擁護する発言を繰り返していることから、最終節で大きなミスをしない限り、来シーズンもデヘアが正GKを務めることとなるはず。

残り試合のデヘアに注目です!!!

 

ここまで読んでくだっさってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

ダニ・セバーヨス「Sky sport」独占インタビュー。今後についても語る

グエンドウジ、セバーヨスの動きに進展!?アーセナルの最新移籍ニュース

チェルシーがビッグネーム獲得のために放出する9名とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です