マンチェスターUが来シーズンに向けて補強が必要なポジションは!?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

昨日は、マンチェスターUが今シーズン3位フィニッシュ出来るのか!?についてレポートしましたが↓

調子を取り戻したマンチェスターU。CL出場権のトップ4入りも射程圏内に。

本日は、トップ4入りした際の今夏に必要なポジションはどこだろうというのをレポートしていきます!!

 

 

ポール・スコールズの考え

 

元マンチェスターU所属で、クラブのレジェンドでもあるポール・スコールズ。

現在は辛口解説者として、イングランドのチームをぶった切っているが、調子の挙げている自身の古巣について、前節のボーンマス戦後にコメントした。

 

「リヴァプールとの差は縮まっている。それは間違いない。マンチェスターCも明らかなクオリティを見せている中、ユナイテッドが彼らと100マイル離れているところにいるとは思わない。以前には4、5選手の補強が必要と話したが、それでもまだ2、3選手の補強が必要だろう」

「彼らには上質なセンターフォワードと、ハリー・マグワイアとコンビを形成するセンターバックが必要だと思う。ヴィクトル・リンデロフは良くやっているが、マグワイアはややスピードを欠くところがあるから、リオ・ファーディナンドやヤープ・スタムのように相手フォワードをしっかりと捕まえることができるセンターバックがいれば、チームにとって大きな助けになると思う」

 

とのこと。

ポグバの復帰と、マティッチの復調、フレッジのフィットなどなど、中盤にはポジティブな要素が多くあり、問題はCBとFWだと発言している。

 

 

上質なフォワードとは?

 

今シーズン、共に15ゴールを記録したラッシュフォードとマルシャルという2人のフォワードがいながら『上質なストライカーが必要』と発言したスコールズ。

控えにはイガロがおり、若手有望株には今シーズン15ゴールを記録しているグリーンウッドがいる中、『上質なストライカー』とはどんな選手だろうかと考えたが、恐らくベルバトフのような選手を指しているのではないか。

ベルバトフはスコールズとマンチェスターU時代に一緒にプレーした選手で、共に数々のタイトルを獲得している。

この選手は、まさに『上質なストライカー』で、ゴールにアシスト、189cmという体格を生かしたポストプレーなど、全てにおいて高水準な選手であった。

現在のマンチェスターUには、そういった選手はいなく、機動力があるタイプの選手が多いため、スコールズはその辺りを指摘しているのではないだろうか。(チェルシーがジルー起用して調子上げたみたいな!)

ベルバトフのプレー集↓

 

 

理想のフォワード補強

 

先程のスコールズの意見をまとめると、現在マンチェスターUに必要なのはサンチョじゃなくて、『上質なストライカー』とマグワイアの相方ということで、それぞれ獲得候補の選手を2名ずつピックアップしてみました!

まずはCBから

カリドゥ・クリバリ

マンチェスターCも獲得に関心があると言われているクリバリ。

この選手は総合力が高く、セリエAトップクラスの選手であり、現在の評価額は5600万ユーロとなっている。足の遅いマグワイアの相方には最高で、かつてのファーディナンドとヴィディッチのような関係になれそう。

以前から、今夏に退団するのではないかと噂されており、ナポリのデ・ラウレンティス会長も今夏に売却する可能性を示唆していた。

 

・ネイサン・アケ

チェルシーの下部組織出身で、現在新たなCBを探すチェルシーが買い戻しを検討しているそう。

過去にマンチェスターCも興味を示したこの選手は、元々SBの選手だったこともあり足元が上手く、スピードもある。空中戦に難があるものの、マグワイアとの補完性はバッチリで、度々危なっかしいパスを見せていたリンデロフより安心できる選手ではないだろうか。

現在の評価額は2800万ユーロと、クリバリの半額で獲得することが出来ることもメリットである。

 

続いてFWをピックアップ

 

・ラウール・ヒメネス

まさに『上質なストライカー』であるヒメネス。

メキシコ出身のこの選手は、ベンフィカからウルブスに移籍して以降、昨シーズン公式戦44試合17ゴール8アシスト、今シーズン公式戦48試合出場24ゴール10アシストを記録しており、ゴールもアシストも記録できる選手。

188cmと高身長でポストプレーも得意としており、仮にマンチェスターUに加われば、ヒメネスの周りをマルシャルとラッシュフォードが動き回り、相手を混乱させることが出来るはず。

サンチョに大金を払うよりも、実になる補強になるのでは。

 

・アルカディウス・ミリク

現在、マンチェスターUが狙っているという噂はないが、個人的にオススメな選手。

調子にムラがあるものの、今シーズン2桁得点を記録する得点力と、ポストプレーで見方のスペースを作ることが出来るフィジカルなど、良い点がいくつかある。

また、現在所属しているナポリとの契約が来シーズンまでとなっているため、移籍金を確保できる今夏に売却する可能性が示唆されている。そのため、実際の評価額よりも安価に手に入れられるかと。

26歳と、これから油が乗ってくる年齢であり、選手としての期待値も高い。非常にオススメ。

 

 

何名かピックアップしてみましたが、皆さんはどう思いますでしょうか!?

今後、マンチェスターUの補強はどのようになっていくのだろうか。。。

新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

調子を取り戻したマンチェスターU。CL出場権のトップ4入りも射程圏内に。

今後、アーセナルの右SBはベジェリンか、それともソアレスか。

今夏のマンチェスターCの補強は左SBから?マンチェスターC移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です