ホールディング、トレイラ、エミ・マルティネス最新情報

本日も更新していきます!!!

 

 

 

コロナ禍による財政難を嘆いていたものの、これまでにウィリアン、ガブリエル・マガリャンイス、セバーヨス(パブロ・マリとセドリックも)と即戦力を数名獲得したアーセナル。

しかし、同クラブはまだ補強に動く考えを持っているとのことだが、例のごとく財政難であるため獲得には選手売却をしなければならない。

そんな中、以前から退団の可能性が出ていた数選手に新たな報道が出てきたので、今回はそちらをまとめてレポートしていきます!

 

 

エミリアーノ・マルティネス

 

今シーズン終盤、正GKを務めていたレノが怪我をしたことで出番を得て、見事結果を残していたエミ・マルティネス。

そんな同選手は昨シーズン終了後に、自身がアルゼンチン代表の正GKを務めることを希望に掲げているため、今後もレノの2番手に甘んじるのであれば退団も辞さないと述べていた。

そのため、クラブもどういった扱いを取るか注目となっていたが、以前の報道によれば、契約延長をオファーする予定で選手も同意すると報じられていた。

そんな同選手に対し、本日入ってきたニュース。

イギリスメディアの「The Athletic」が報じたレポートによれば、アストン・ヴィラがマルティネスに対し、アーセナルの要求額である2000万ポンドに近いオファーを提示したそう。

アーセナルはナイルズの売却を取りやめた経緯もあり、マルティネス売却を検討しているそう。

また、すでにマルティネスを売却した場合の代替候補として、2部のブレントフォードに所属するダビド・ラヤに関心を寄せているとのこと。

当初はナイルズを2000万ポンドで売却する予定だったこともあり、同程度の現金化を図れるチャンスだが、アーセナルはどういった判断をするのだろうか。

ちなみに正GKのレノはドイツ代表で好セーブを見せており、怪我明けながらもプレーには支障がない模様。

 

 

ルーカス・トレイラ

 

先日フィオレンティーナ移籍が加速していると報じられていたルーカス・トレイラにも最新ニュースが。

2シーズン前の夏にサンプドリアから加入した同選手は、不安定な出場機会とイギリスの天候に不満を持っているとされており、今夏の売却が決定的となっていた。

最新のイタリア方面のメディアの報道によれば、トリノがトレイラに対し、2400万ユーロのオファーを提示したそう。

フィオレンティーナのオファーが1年のレンタルに買取義務のオプションが付いていたオファーに対し、トリノは完全移籍でのオファーであるため、アーセナルはトリノからのオファーを聞き入れるのでは?とも報じられている。

回収した資金で次の補強に移りたいアーセナルからすれば、完全移籍でのオファーを好むはずで、なおかつ移籍金総額の多いトリノに売却したいはず。

 

 

ロブ・ホールディング

 

2018−19シーズンに負った大怪我から復帰した今シーズンは、コンディションが戻りきっていなかった同選手には、今夏の移籍市場が始まる前から、売却orレンタル移籍させるのではないかと言われていた。

その後、ガブリエル・マガリャンイス獲得が決まったことで、押し出されるのではないか?と報じられており、一時はニューカッスルと1年ローンで合意に近づいているとも言われていた。

しかし、昨日「Sky sport」が報じたレポートによれば、アーセナルはホールディングの放出を一旦取りやめて、ニューカッスルに保留の姿勢を取っているそう。

ここ最近の試合で出場していた際には、セットプレー等で頼りになっていたこともあり、アルテタが考えを改めたのだろうか。

それとも、来シーズンのメインフォーメーションを3バックのシステムになったためだろうか。

続報が気になるところ。

 

 

移籍市場閉幕まで残り1ヶ月!

2020−21シーズンの開幕が来週末に迫っている中、どう動くのだろうか!?

続報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

『Welcome Buck!!』再レンタル決定のセバーヨスを改めて紹介

続く補強の噂の裏で、主力選手売却の噂も。チェルシー移籍ニュース

「アーセナルに帰りたかった。」アレクシス・サンチェスが語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です