ベンフィカの若手MFへのスカウトを強化?ベンジャミン・シェシュコ獲得のポールポジション?


ベンフィカの若手MFへのスカウトを強化?


今夏の移籍市場で中盤補強を目指しているアーセナル。

このところのレポートでは、マルティン・ズビメンディに移籍の意思がないため、ブルーノ・ギマランイス獲得に動くのでは?といった流れの話が多かったのだが、昨日の「tbrfootball」によれば、アーセナルはベンフィカの若手MFに対するスカウトを強化させているとのこと。

同メディアによれば、アーセナルは過去6週間の間にベンフィカの若手MFのジョアン・ネヴェスに対するスカウトを強化しているそうな。

どうやらアーセナルは依然としてズビメンディをトップターゲットにしているそうなのですが、同選手の獲得に失敗した場合に備えて他のターゲットへのスカウティングを強化している模様。

ジョアン・ネヴェスは19歳ながらすでにベンフィカのトップチームで活躍している選手のようで、今シーズンここまで公式戦54試合に出場し、3ゴール2アシストを記録している。

アーセナルはジョルジーニョと契約延長した他、トーマス・パーティの去就もわからない状態のため、若手選手の獲得に舵を切る可能性は十分あるかもしれないですね。注目しておきたい名前です。

ジョアン・ネヴェスのプレー集↓


エディ・ハウがラムズデール獲得を望む?


今夏の移籍市場でアーセナルから退団する可能性が高いと考えられているアーロン・ラムズデール。

ダビド・ラヤにポジションを奪われた後、プレータイムを得るために今夏に退団する可能性が高いとされているのだが、そんな中、「relevo」よれば、ニューカッスルのエディ・ハウ監督がラムズデール獲得を望んでいるのだとか。

同氏によれば、ニューカッスルは今夏の移籍市場でGK補強へ動く予定をしているのだが、エディ・ハウ監督はラムズデールの獲得を推している一方で、クラブはバレンシアに所属するギオルギ・ママルダシュヴィリに関心を寄せているそう。

すでにニューカッスルはママルダシュヴィリに接触しているようなのだが、バレンシアはまだ契約を残しているだけでなく、同選手とラムズデールの評価額が同額程度のようで、どちらの獲得に踏み切るかはわからないようです。

ラムズデールが今夏に退団するのはほぼ確実だと思われるのだが、果たしてどこへ移籍するのだろうか。


ベンジャミン・シェシュコ獲得のポールポジション?


今夏の移籍市場でストライカー補強へ動く予定のアーセナル。

すでに何名かの選手の名前がリストアップされているとされる中、昨日の「Telegraph」によれば、アーセナルはリストアップしている選手の1人であるベンジャミン・シェシュコ獲得のポールポジションに居るとのこと。

同メディアによれば、アーセナルはカイ・ハフェルツのトップ起用が成功した後、即戦力となる経験豊富なストライカーをターゲットにする必要が少なくなったことでシェシュコへの関心が強まっているそう。そして、シェシュコ自身も今夏の移籍に関心を持っているそうな。

また、シェシュコ獲得のライバルクラブはアーセナルが正式に獲得レースに参加した場合にアーセナルがポールポジションになると予想しているという。

ちなみにシェシュコにはバイアウト条項が設定されているのだが、この条項がシェシュコの活躍度によって変化する設定になっているようで、当初の約4300万ポンドから、現在は約6400万ポンドまで上昇する可能性がある模様。

選手の将来性や現在のスカッドの状況を鑑みると、シェシュコ獲得にシフトする可能性もありそうだが果たしてどうなるのだろうか。


最新情報は弊ブログ主の下記Twitterからご覧ください!

弊ブログ主Twitterアカウント

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

https://twitter.com/gunnerken1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です