プレミアリーグ最新ニュース。アーセナル、チェルシー、マンU、etc..

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

今朝は、数日後にプレミアリーグが開幕するということもあってか、あまりニュースが出てこなかったので、各ラブのニュースをいくつかピックしたものをまとめてレポートしていきます!

 

 

ソクラテスのナポリ移籍が合意?

 

アーセナルの最新ニュース。

当初より、今夏の移籍市場で退団予定となっていたソクラテス。これまで同選手にはセリエAのナポリが関心を寄せていたが、折り合いが付いておらず交渉が続いていた。

そんな中、今朝「mattinodinapoliが報じたところによれば、ナポリ加入で合意したとのこと。

この移籍には移籍金がかからないそうで、選手との契約内容は2年契約の年俸350万ユーロで合意したと報じられている。

アーセナルはソクラテスの移籍金に300〜400万ユーロ程求めていると言われていたが、ナポリと選手側がフリーでの移籍を求めたそうで、それに折れた形となった模様。

 

 

チェルシーがGK確保か

 

続いてはチェルシーのニュース。

先日、当ブログでも紹介していたチェルシーのGK獲得について。

その際のレポート→続く補強の噂の裏で、主力選手売却の噂も。チェルシー移籍ニュース

どうやらその噂に動きがあったようで、昨日イギリス紙「Guardian」含む複数メディアがチェルシーが、スタッド・レンヌに所属するエドゥアール・メンディ獲得に迫っていると報道。

現在、両者は1820万ポンドの移籍金で合意したそうで、各種インセンティブを含めれば2500万ポンド程にもなる模様。

この件に関しては信憑性の高いレポートを報じる「the athletic」も報じており、近日中の移籍成立が近いそう。

これで攻撃陣、守備陣に続き、懸念されていたGKの補強も完了することになる。

 

 

マンUはサンチョ獲得を諦めず?

 

ジェイドン・サンチョが今夏のトップターゲットと言われていたマンチェスターU。

しかし、新型コロナの影響で例年のような補強ができなくなってしまったため、獲得は実現しないことが濃厚と思われていた。

そんな中、昨日の「Sky sport」が報じたレポートによれば、マンチェスターUは依然としてサンチョ獲得に関心を持っているとのこと。

ドルトムントはすでにサンチョを今夏に売却しないことを明言しているものの、選手が移籍を求めた場合は引き止めることが出来ないと考えているそうで、マンチェスターUはそこに目をつけている模様。

とはいえ、サンチョ獲得に必要と言われている1億2000万ユーロの捻出は難しく、今後の続報が待たれる。

 

 

リヴァプールは1月にチアゴと交渉か

 

最後はリヴァプールのニュース。

今夏にバイエルン・ミュンヘンからの退団が濃厚となっているチアゴ・アルカンタラに対して興味を示していたリヴァプール。

選手本人も新たな挑戦を求めていると言われているため、リヴァプール移籍は両者にとってWin-Winな取引になると思われていた。

しかし、リヴァプールも新型コロナの影響を受けており、それが他のクラブよりも深刻なダメージだったそうで、チアゴ獲得にかかる3000万ユーロも捻出できない状況だそう。

そのため、今朝の「Sky sport」の報道によれば、同クラブは今夏の獲得を諦め、1月の移籍市場で来夏からの事前交渉をするのでは?と囁かれている。

今の所、リヴァプールの他にチアゴ獲得に熱心なクラブはおらず、この状態であれば1月に交渉をスタートさせる可能性が高そう。

 

 

各クラブちょこちょことニュースは出ているので、明日以降、新たな報道があり次第随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ホールディング、トレイラ、エミ・マルティネス最新情報

『Welcome Buck!!』再レンタル決定のセバーヨスを改めて紹介

続く補強の噂の裏で、主力選手売却の噂も。チェルシー移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です