プレミアリーグ再開。怪我人復帰のマンチェスターUとトッテナムが有利?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ついにリーグ戦の暫定再開日が決定したプレミアリーグ。

再開後にどのクラブが順位を上げていくのか気になるところだが、今回は怪我人が続々復帰したという2チームについてレポートします!

 

 

 

プレミアリーグ再開

2日前の5月28日、プレミアリーグはシーズン再開日に関する声明を公式サイトに掲載し、2019-20シーズンの暫定再開日を6月17日になることを発表した。

声明では、プレミアリーグの株主は6月17日を暫定再開日とすることで合意。

6月17日には、カラバオ・カップ決勝戦のため延期されていたアストン・ヴィラ対シェフィールド・ユナイテッドとマンチェスター・C対アーセナルを開催予定。その他の試合は6月19日から開催される。なお、新型コロナウイルスの感染予防により、全ての試合を無観客で行う見通しとのこと。

この声明でプレミアリーグリチャード・マスターズCEOはこうコメントしている。

 

「我々は、プレミアリーグを6月17日に再開する事で暫定的に合意した。しかし、選手やスタッフ、サポーターなど、関係するすべての人々の健康と福祉が最優先事項であるため、必要であるすべての安全要件を満たすまでは、この日を確定することはできない。」

 

とのこと。再開日までになにかあれば再延期の可能性も。

再開後は、ほぼ毎日試合が行われる日程で消化するとのことで、再開後のキックオフ予定時刻も合わせて発表している。

キックオフ予定時刻(現地時間表記)

 

週末開催試合
金曜日 20:00
土曜日 12:30、15:00、17:30、20:00
日曜日 12:00、14:00、16:30、19:00
月曜日 20:00

 

ミッドウィーク開催試合
火曜日 18:00、20:00
水曜日 18:00、20:00
木曜日 18:00、20:00

 

 

怪我人復帰の2チーム

 

 

この度、リーグ戦再開を発表したプレミアリーグだが、約3ヶ月中断の期間があったことで恩恵を受けるクラブも。

特に、主力選手に怪我人が多く出ていたマンチェスターUとトッテナムは、この期間で全ての選手がフィットしたそうで、両監督がインタビューでコメントしている。

 

マンチェスターU

主力であるポグバとラッシュフォードが長期離脱していたマンチェスターU。

スールシャール監督が「Guardian」にてコメント

 

「ポグバとラッシュフォードはそれぞれ12月下旬、1月中旬から怪我で離脱していたが、完璧にフィットしている。」

 

チームの成熟度が上がってきた際に、怪我で離脱していた両選手。当初はシーズン終盤にも間に合わない可能性があったのだが、リーグ中断のおかげですぐに試合に出れるほどフィットしているとのこと。

冬に新加入していたB・フェルナンデスとラッシュフォード、ポグバの共演が楽しみである。

しかし、同じく冬の移籍市場で6月までのレンタルで獲得していたイガロの契約延長は進展がなく、一定の条件が満たされなければ、来週にも所属元の上海申花にレンタルバックされるそう。加入以降、公式戦8試合4ゴールを決めていただけに残念である。

 

トッテナム

マンチェスターUよりも怪我人の多さが深刻だったトッテナム。特に怪我人の増えた2月、3月にはそういった影響から本来の陣容で戦うことが出来ず、FAカップ、CLから敗退していた。しかし、こちらも約3ヶ月の期間で怪我人だった選手達が戻ってきたそう。

Sky Sport」にてモウリーニョ監督のコメント。

 

「ケイン、ソン、ベルフワイン、シソコ、デレ・アリ。怪我をしていた全ての選手が戻ってきた。ライプツィヒに負けた時は、残されたラメラとその他の選手が非常に困っていた。だから私達にとって非常に素晴らしい気持ちだ。」

 

とコメント。チームの得点源となっていた選手たちが、軒並み怪我に倒れていたトッテナム。この期間に救われたことを語っている。

しかし、モウリーニョ監督はマッチフィットネスが戻るのはまだ先だと考えているようで、このようにもコメントしている。

 

「ピッチでトレーニングを出来るようになってまだ2~3週間。怪我は完全に治っているが、トレーニングにはまだ制限がいくつかあるため、本来のフィットネスに戻るまではまだ時間がかかる。」

 

とのこと。

特にケインは5ヶ月もの間、離脱していたのでもう少し時間がかかるかもとコメント。フルフィットネスになるには、リーグが再開して2~3試合は必要とも。

しかしながら、本来であればシーズン終了までプレーできない可能性のあった選手たちが帰ってくるので、当初の予定よりも大幅な戦力アップではないか?

 

 

 

プレミアリーグは、来週から接触のあるトレーニングも再開する見通しだそう。

通常のオフシーズンよりも長い期間まともなトレーニングができなかった選手たち。そんな中で、どれほどマッチフィットネスを回復させているかが再開後のキーポイントになるのではないだろうか!?

とはいえ、再開が決定したプレミアリーグが待ち遠しい!!!

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

 

それでは

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ルロイ・サネの後釜はドイツから?それともすでにチームにいる人物?

見限られたナイルズ。プレミアリーグ内のクラブが獲得に動く?

アーセナルがコウチーニョ代理人と会談?デンベレは大幅値下げ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です