トーマス・パーティの進退に動き?アーセナル移籍NEWS

アーセナルが今夏のトップターゲットと言われているトーマス・パーティの進退について新たなNEWSが出ていたのでレポートしていきます。

 

 

 

 

トーマス・パーティの進退に変化?

 

 

先日から複数入っていたパーティに関してのNEWS

以前からパーティに対して継続的な交渉をしていると言われているアーセナル。状況が気になっていたトーマス・パーティの父親であるジェイコブ・パーティは息子に事実確認したことを南アフリカのラジオ局「Tru FM」で明かした。

 

「報道を見て、息子に電話したんだよ。そしたら息子は『噂は本当だ』と答えた。アーセナルとは交渉の最中で、アトレティコが要求する条件次第になるだろう。ガーナにはアーセナルサポが沢山いるから、息子がアーセナルに移籍するのであれば嬉しいね。現在、彼らが話し合っていることはアトレティコがどのように息子を放出するかということらしい」

 

と、コメント。お父さんは大歓迎な様子。

しかし、このコメントに対して代理人が「全く持って真実ではない」と回答しており、状況は複雑になっていた。

そんな中で昨日スペイン紙の「as」がパーティへの契約更新オファーについて報じていた。

 

「アトレティコ・マドリーはパーティに対して、現在の倍にあたるサラリーとバイアウト条項の引き伸ばしを提示している。クラブ関係者は最終的な契約更新に楽観的だが、キャリアのピークに差し掛かるパーティが新たなチャレンジに興味を持っているおり、契約更新に応じない可能性も危惧している。」

 

とのこと。この報道が事実であれば、パーティのお父さんの話は信憑性が高まる。

その他に「Daily Mail」が報じた内容では

 

「UEFAが来シーズンCL権を『スポーツメリット』に基づいて決めることを承認したため、リーグ戦再開が出来なければ現在6位のアトレティコ・マドリーは来シーズンCLに出場できなくなる可能性が出てきた。もし、来シーズンCLに出られなければプレミアリーグから引き合いのあるサウール・ニゲスとトーマス・パーティの売却を余儀なくされた。」

 

といった報道。

レポートしていなかったのだが、UEFAは今シーズンが完遂しなかった場合、来シーズンのCLおよびEL出場権に関して「スポーツメリット」に基づいて選出することを決定していた。以前、紹介したUEFA係数での選出は公平性に欠けるとし、今シーズンの暫定的な順位を基に決めるそう。(僕もしっかり理解してはいない)

そして、アトレティコ・マドリーは新型コロナウイルスの影響を受けたことにより、以前に増して財政難を抱えている。CLの出場は莫大な利益が発生するため、それを逃せば主力の大量流出も免れないと。場合によっては大幅なディスカウントでの放出もやむなしの可能性すらある。

パーティに関するNEWSはこんな感じ。

 

 

割に合っていなかったパーティの給与

 

 

面白い記事が合ったので共有。

https://twitter.com/AtletiFrancia/status/1253274443381604353?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1253274443381604353&ref_url=https%3A%2F%2Fas.com%2Ffutbol%2F2020%2F04%2F23%2Fprimera%2F1587662214_820639.html

 

パーティは今シーズン2859分のプレータイムでこれはチーム3位の出場時間だそう。(アトレティコ・マドリーの今シーズン公式戦38試合中35試合出場)

しかしながら、パーティの給与はチームで16番目。そういった背景もすぐに契約更新をしていない理由ではないかと。アーセナルも選手の給与に問題は抱えているものの、少なくともアトレティコよりかは良い条件が出せるはず。

参考までに。。。

 

 

少しづつ現実味を帯びてきたパーティのアーセナル移籍ですが、マンチェスターUも獲得に興味を示しているとのこと。引き続き進展があり次第レポートしていきます!

 

 

それでは

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルが獲得に動いているディサシとは?獲得理由に迫る

怪我がちなウスマン・デンベレにプレミアリーグからの関心?移籍NEWS

アーセナル最新ニュース〜移籍関連〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です