トレイラが今夏にACミランへ?アーセナル移籍ニュース

現在アーセナル所属でウルグアイ代表でもあるルーカス・トレイラ

昨夏にも移籍の可能性があると言われていたACミランと今夏にもリンクされているとのこと。トレイらの現状も含めてレポート

 

 

ACミランとのリンク

 

先程も記述した通り、昨夏にトレイラに対し関心を示していたミランが今夏にもトレイラ獲得に向けて興味を示しているとイタリア紙の「コリエレ・デッロ・スポルト」にて報道されている。

今回は選手側が代理人に対し、移籍に関心があることを伝えたとも報じている

そして今回の移籍には4000万ユーロ(約47億)が必要になるとも言われている。サンプドリアからアーセナルに移籍した際の金額が2650万ポンド(約33億)と言われており、アーセナルが売却に応じた場合15億ほどの利益になる。

過去には同じセリエAのナポリからも関心があり、24歳と若くセリエAの経験もあるため引き合いの声が多い

 

 

ルーカス・トレイラの現状

 

ルーカス・トレイラは現在24歳でボランチを主戦場にしている選手

2シーズン前の移籍市場で獲得された選手。中盤の守備力に問題があると言われていたアーセナルの重要ピースとして迎え入れられたトレイラ(アーセナルの失点数は守備構造の問題だったが…)

昨シーズンは序盤こそ出場機会に恵まれなかったが、シーズンが進むにつれてプレミアリーグに順応していき実力を発揮していた。

今シーズンは前任のエメリ監督により、昨シーズンと違う起用法で出場する機会があったがチームの状況とともにトレイラ自身もフォームを崩していた。

アルテタ就任後は試合終盤の守備固めやカップ戦での出場が多くなっていた。さらに追い打ちをかけるように中断前のFAカップ5回戦で骨折の怪我を負い、今シーズン中の復帰が絶望的とも言われていた。

今シーズン浮き沈みが激しいアーセナル(浮いてはないか…)を象徴していたように、慣れないポジションでプレーさせられたり、怪我したりと踏んだり蹴ったりである。

 

 

移籍の可能性

 

トレイラは今シーズン33試合出場しているが、重要な試合での先発出場は少なく今夏に新しいCBを狙っているアーセナルは現金化できるなら移籍させる可能性も

中盤にはグエンドウジやユース上がりのウィロックなどの選手が台頭してきている。またセバーヨスがレンタル終了で退団となれば今夏に中盤の選手も獲得に動くとも言われており、チームの重要選手になれなければ移籍の選択肢があってもおかしくない。

また、トレイラは南米のウルグアイ出身で以前インタビューで、

 

”太陽の光が恋しくなる。イギリスでは朝起きてトレーニングに向かうときも、トレーニングから帰るときも空が曇っている。。。”

 

と答えていたこともあり、イギリスの環境には不満がある模様。

南米出身の選手がプレミアリーグで失敗する原因として天候の問題が挙げられることが多く、小さい頃から日差しを浴びてプレーしてきた選手はイタリアのほうが馴染むのかも。

アルテタは監督に就任して以降全選手に先発出場の可能性があることを常々語っており、現段階でトレイラの出場機会が限定的であったとしても、来シーズン以降は主力としてプレーしている可能性はある。

現状のアーセナルではトレイラの他に守備に特化した選手がいないため、仮に退団となれば別の選手を獲得しなけれなならない。個人的にトレイラが好きなので、是非アルテタによるニューアーセナルの一員になってほしい。

 

いまだリーグ再開の可能性が見えてこないが、退団の噂ではなくハッピーな話題で埋め尽くされてほしいですね!!!

早く試合がみたいなああ

 

トレイラのプレー集↓

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ヴェルナーのリヴァプール移籍は既定路線?プレミアリーグ移籍通信

ユムティティがプレミアに?〜プレミアリーグ移籍通信〜

マンチェスターユナイテッドがサンチョ争奪戦をリードか?プレミアリーグ移籍通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です