チェルシーのCBはルイス・ダンクで解決?4000万ポンドで契約に近づくと報道

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今シーズン、ランパード監督就任初年度で、見事来シーズンのCL出場権を手にしたチェルシー。

補強禁止処分を受け、他のビッククラブにハンデを受けた状態だったが、成功したシーズンとなっていた。

しかし、チェルシーは来シーズン以降さらなる躍進を目指すため、今夏は例年よりも大型補強に動いている。

すでに前線の選手は、ティモ・ヴェルナー、ハキム・ツィエクを獲得しており、さらにカイ・ハヴェルツ獲得にも動いているとされるが、それと同時に動いているのは懸念されている守備陣の補強。

そんなチェルシーの守備陣補強に新たな情報が入ってきたので、今回はそれらの記事をまとめてレポートしていきます!!!

 

 

ルイス・ダンク獲得の噂

 

先程も紹介したように、今シーズン度々指摘されていたディフェンダーの質について。シーズン途中から何名もの選手とリンクされていた。

そんな中、最新のイギリス紙「Sun」によると、チェルシーは4000万ポンドの移籍金を用意してブライトンに所属しているルイス・ダンク獲得に向かうとのこと。

ルイス・ダンクは幼少期からチェルシーのレジェンドであるジョン・テリーに憧れており、熱心なチェルシーファンだそう。また、愛犬の名前は、同じくチェルシーのレジェンド選『ディディエ・ドログバ』にちなんで、『ディディエ』と名付けており、そういった背景から選手は移籍に前向きであると伝えられている。

その他に、ブライトンは今シーズン、リーズ・ユナイテッドへのレンタル移籍で成長したベン・ホワイトを、来シーズンのスカッドに加えるそうで、ダンク放出に寛容になるのでは?とも伝えられている。

2018年にはイングランド代表にも招集された経験も持つルイス・ダンクは、今シーズン所属先のブライトンで安定したプレーを続けており、一定の評価を受けている。

しかし、「Transfer market」の評価は2000万ユーロとなっており、本当に4000万ポンドも投じるのかは不明である。

安定性に欠けるチェルシーのディフェンスを改善はルイス・ダンクで決まるのだろうか。

ルイス・ダンクのプレー集↓

 

 

デクラン・ライスからは撤退

 

ルイス・ダンクの獲得の報道と同時に伝えられたのは、デクラン・ライスからの撤退。

チェルシーは当初、時期DFのリーダーとして、近年頭角を現してきた若手選手であるウエスト・ハムのデクラン・ライスの獲得を目指していた。

しかし、チェルシーの問い合わせに対し、同じロンドンに本拠地を構えるウエスト・ハムは移籍金として8000万ポンドを要求したそうで、他に優先する補強があるチェルシーは獲得を諦めたそう。

先週の報道では、選手は移籍に前向きと伝えられていたが、さすがに8000万ポンドを支払うことには躊躇した模様。来シーズン以降の獲得を目指すと思われる。

 

 

ストーンズ獲得に動く可能性も

 

ルイス・ダンクの報道の後に流れてきたもので、チェルシーがルイス・ダンクと共に、マンチェスターCで出番が減っているジョン・ストーンズ獲得に向かうとの報道。

イギリス紙「ミラー」によれば、チェルシーはジョン・ストーンズ獲得に興味を示しており、仮にルイス・ダンクを獲得しても、続いて獲得に動く可能性があるとのこと。

ジョン・ストーンズは若くしてエヴァートンで台頭した後、ペップ・グアルディオラに見定められマンチェスターCへと加入していた。

しかし、怪我で離脱して以降、本来の調子を取り戻すことに苦労しており、その間に若手選手のエリック・ガルシアにポジションを奪われていた。

そのため、今夏に退団することが濃厚だと言われており、マンチェスターCは2000万ポンドで退団を許可すると伝えられていた。

ストーンズはまだ26歳と若く、今後復調する可能性もあるため、2000万ポンドであれば獲得はアリなのでは。

イギリス各メディアでは、チェルシーのストーンズ獲得は現実的だと報じている。

 

 

左SB補強も進行中

 

CBと同様に、チェルシーが補強を進めているのが左SB。

今シーズン、何名かの選手で入れ替わり、最後まで固定することが出来なかったため、補強が急務となっていた。

現在、チェルシーとリンクされている左SBは

  • ベン・チルウェル
  • アレックス・サンドロ
  • セルヒオ・レギロン

の3名。

この中で最も移籍に近いとされているのがベン・チルウェルで、選手本人がCLでのプレーを希望しており、移籍に前向きであるとのこと。

しかし、所属先のレスターは8000万ポンドの移籍金を求めており、交渉がすぐにまとまる状況ではないそう。

最新の報道では『移籍金の折り合いが付きそう』と言われているが、果たしてどうなるのか。

 

 

まとめ

 

補強が順調に進んでいるチェルシーは、同時に放出も進めているそう。

チェルシーの交渉担当はすごく優秀だそうで、この先もどしどし移籍の噂が出てくるはず。

最終的にどの選手を獲得しているのだろうか。

続報があり次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルがオファー?リヨン所属フセム・アワールとは。プレースタイル等

中盤補強が必要になったアーセナルにオススメするMF5選

セバーヨスがレアル・マドリー復帰でアーセナルの中盤補強はどうなる!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です