セスクがエミレーツ時代のトップ5プレイヤーを発表。アーセナルニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今日、更新されたニュースをいくつかまとめてレポートしていきます!!!

 

 

セスクがエミレーツ時代のトップ5プレイヤーを発表

 

アーセナルで台頭し、若くしてチームキャプテンを努めたセスク・ファブレガス。

同選手は、アーセナル退団後はバルセロナを経由してライバルクラブのチェルシーに移籍するなど、若干アーセナルファンをざわつかせた事もあるが、現在も度々アーセナル関連のTweetをしたりと古巣に対して思い入れがある模様。

そんな中、Twitter上で『エミレーツ時代のトップ5』を選ぶTweetに対し、セスク本人が引用する形で自身が選ぶ『エミレーツ時代のトップ5』を選出していた。

そのTweetがこちら↓

  1. ファン・ペルシ
  2. アレクシス・サンチェス
  3. サンティ・カソルラ/メスト・エジル(選べなかった)
  4. アーロン・ラムジー

 

とのこと。

ここ10年でアーセナルを牽引してきた選手たちがランクインしている。成績や在籍時の貢献を考えれば妥当な顔ぶれである。

また、『怪我がなかったらウィルシャーはそのランキングに入る?』との問には、

100%』と返事をし、

オーバメヤンは?』との問には、

彼が今の状態をキープできれば、そこにたどり着く』とコメントしている。

セスクはTwitterで割と気さくに返事をしてくれるタイプなようで、興味がある方は一度コメントしてみてください!

 

 

エジルがPLプレイヤーリストから外れる

 

すでにいくつかのブログやネットニュースでも紹介されていると思いますが、大方の予想通りエジルがPLのプレイヤーリストからも正式に外れた。

そのニュースがリリースされた後、エジル本人も自身についてのコメントを発表。

「長年に渡りプレーしてきたアーセナルのファンにこんなメッセージを発信することは心苦しい。今シーズンのプレミアリーグのメンバーに登録されなかったという事実について、僕は深く失望している。」

「2018年に新たな契約にサインした時、僕は愛するクラブであるアーセナルへの忠誠を誓った。報いることができず、悲しい。僕がついさっき知ったように、忠誠心というものは今日ではめったに得ることの出来ないものだ。いつチャンスが訪れるか分からないから、僕はいつも前向きな姿勢を保つように努めてきた。それが、今日まで黙っていた理由。」

「新型コロナウイルスが流行するまで、新たな監督であるミケル・アルテタの下での成長に本当に満足していた。しかし、その後状況は変化し、僕はアーセナルでプレーすることを許されなくなった。」

「ロンドンは今でも故郷のように感じているし、このチームにはまだたくさんの友達がいて、このクラブのファンとの強いつながりを今でも感じている。何があってもチャンスのために戦い続け、アーセナルでの8シーズン目をこんな形で終わらせないようにするよ。できる限りのベストを尽くして練習を続けるし、残酷な行いに対して、そして正義のために、可能な限り声を上げ続ける。」

 

とのこと。

実際、新型コロナの影響は少なくないだろう。

給与カットの件(エジル含む数選手がクラブからの給与カット要請に応じなかった)については多くの議論がされてきたが、プレー機会を確保するために戦い続けているのに、自身の給与を返上することで新たな選手を獲得されるかも?なんて疑念があれば給与カットに応じなかったのも理解できる。

正直、最近のエジルに対する風当たりがキツすぎたような気がしてならない。。(あくまで個人的な見解ですが)

今回のコメントも『PRチームが考えているんだろ?』なんて心無い言葉を投げかけられるはず。

とにかく、プレイヤーリストから外れたことで、今後アーセナルの試合に出場する可能性はほぼなくなり、来夏にフリーで退団することが改めて濃厚となった。

サンチェスが抜け、泥沼にハマりかけていたアーセナルの面子を保たせてくれた功労者には悲痛な最後である。。。

 

 

エジルの件、こうなるとわかっていながらも本人のコメントを見るとなんだか悲しいですね。

そして、今日からCLが始まったのですが、DAZNは現在CL、ELの放送予定がないんですね。。。今朝知りました。。。

なのでELを見れない可能性があるので残念です。。。

しばらくはPLのみの観戦になりそうです。

とはいえ、今後も新たなニュースが入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ホールディングの怪我によって、チェンバースにチャンス?アーセナルニュース

確実に差が狭まっているも、決定力の差で敗戦。アーセナル試合後レポート

『今週末の結果次第でアーセナルはタイトルに挑戦できる』アーセナルニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です