グエンドウジはトレーニング復帰もPSGが獲得に関心?アーセナル移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

開幕戦まで残り2日となったプレミアリーグ。アーセナルは開幕戦をアウェイのフラムでスタートする。

そんな開幕まで数日に迫った今朝、移籍関連等いくつかアップデート出来る情報が出てきたので、今回はそちらをまとめてレポートしていきます!!!

 

 

グエンドウジがトレーニング復帰

 

昨シーズン、アルテタ監督とキャンプ地で衝突したことにより、ニューカッスル戦で招集外となっていたグエンドウジ。

同選手はその後に行われたブライトン戦でも問題行動が発覚。その際に監督への謝罪がなかったことで、それ以降チームトレーニングに参加させてもらえずにいた。

そういった経緯があったため、クラブは今夏の現金化を模索していたところだったが、コロナ禍の状況も相まってかアーセナルの希望している金額で獲得を狙うクラブが現れなかった。

そんな中、インターナショナルウィーク終了後にチームトレーニングを再開したアーセナルが投稿したトレーニング写真にグエンドウジの姿が。

イギリス紙「メトロ」によれば、アルテタ監督は、現時点でアーセナルが納得するオファーが届かなかったグエンドウジに対し、もう一度チャンスを与えることにしたそう。

この背景には、クラブがターゲットにしているトーマス・パーティやフセム・アワールの獲得が実現出来るかわからない状況にあるからとも伝えている。

トレーニング風景では元通りな様子だが、このままチームに再合流するのだろうか。

 

 

PSGがグエンドウジ関心?

 

チームトレーニングに再合流したと報じられているグエンドウジだが、まだ移籍の可能性は閉じていないそう。

フランスメディアの「RMC」等によれば、今夏に中盤補強を行いたいPSGがグエンドウジに対し、関心を寄せているとのこと。

同紙によれば、PSGは8月上旬のCLが行われている期間に話し合いをしたそうで、その際グエンドウジに対しドラクスラーを含めたオファーを提示したそう。

しかし、その際にドラクスラーがパリからの移籍を考えていなかったため、交渉が前に進まなかった模様。

また、アーセナル側も3500万ユーロ以上での売却を望んでいるため、ドラクスラーを含めたオファー以外にも、買取義務付きのレンタル移籍も断ったそう。

しかし、その際にグエンドウジは移籍に乗り気だったそうで、今後さらなるオファーが届けば移籍の可能性もあるが、アーセナルの望むオファーを送るためにはPSG側に選手の売却が必要とも。

グエンドウジには、これまでビジャレアル、バレンシア、アタランタからオファーが届いたが、アーセナルは全て拒否したそう。

今後、どうなっていくのか。

 

 

トレイラへはトリノ移籍が濃厚か

 

ソクラテスと並び、今夏の退団が濃厚となっているルーカス・トレイラ。

同選手にはすでにフィオレンティーナとトリノからオファーが届いていると報じられており、どちらかに移籍するだろうとされていた。

しかし、「カルチョ・メルカート」の報道によれば、現在フィオレンティーナがトレイラ獲得レースから外れ、トリノ移籍の一本化となっているそう。

現在トリノと協議している内容は、1年ローン+2500万ユーロの買取義務付きというものだそう。

また、トリノは現在トレイラがアーセナルで稼いでいる年俸360万ユーロを提示することが出来ないそうで、これはアーセナルが1年は半額負担する?ということで決着が付きそうとも。

アーセナル側はさらなる補強を進めるためにも、早急に資金を手にしたいそうで、近いうちに合意するのではないだろうか。

 

 

PSGが右SB獲得でベジェリンは残留?

 

今夏にフリーでトマ・ムニエが去ったことで、新たな右SBを探しているPSGからの興味が報じられていたベジェリン。

また、そんな報道に対し、アーセナルも補強資金を捻出するために同選手の売却に踏み切るのでは?と報じられていた。

しかし、本日スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏が報じたレポートによれば、PSGはASローマに所属するアレクサンドロ・フロレンティ獲得に合意したとのこと。

この報道により、ベジェリンがアーセナルに残留するのでは?と噂されている。

これまでベジェリンには何度も移籍の噂が立っているが(今夏以外にも)、具体的な話に進んだ報告は出ておらず、このまま生涯アーセナルで過ごして欲しいところ。

 

 

開幕前にオーバメヤン契約延長の発表の可能性も

 

最後はオーバメヤンの話題。

これまでの報道で、すでにアーセナルとの契約延長が近づいているとされていたオーバメヤン。

契約延長が濃厚になっていると言われてから、幾日か立っていたためアーセナルファンはもどかしい日々を過ごしていたに違いないが、この度クラブと選手の間で進展があったようで、イギリスメディアの「The Athletic」オーンステイン氏によれば、ついに契約延長にサインしたとのこと。

気になる契約内容は、基本的な給与は週給25万ポンドになるが、ボーナス次第で37.5万ポンドまでになる契約とのこと。

また、同氏によれば土曜日に行われるフラム戦の前にもクラブからアナウンスがされる可能性もあると伝えている。

ドルトムントから加入以降、公式戦通算110試合出場71ゴール25アシストを記録しているオーバメヤン。

契約延長発表はすぐそことなった!!!

 

大変嬉しいニュースですね!

 

その他続報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

プレミアリーグ最新ニュース。アーセナル、チェルシー、マンU、etc..

ホールディング、トレイラ、エミ・マルティネス最新情報

『Welcome Buck!!』再レンタル決定のセバーヨスを改めて紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です