ガーディアン紙によるプレミアリーグ再開前プレビュー。チェルシー編

本日も更新していきます!!!

 

 

紆余曲折あったものの、再開を間近に控えたプレミアリーグ。

再開に差し当たり、英紙「Guardian」がリーグ再開プレビューなるものを掲載していたので、今回はチェルシーをピックアップしてレポートしていきます!!!

 

 

リーグ中断時のチェルシー

 

 

1月の時点で、ランパード監督が『このままではトップ4が危うい』と語ったように、年明け以降、前半戦のような勢いがなくなりつつあったチェルシー。中盤は人数、クオリティが揃っているものの、攻撃と守備面の一貫性のなさをメディアでも指摘されていた。

2月はそういった部分が露呈し、レスター、マンチェスターU、トッテナムと続いた3連戦は、なんとか1勝1敗1分で4ポイントを稼いだが、その後のCLのバイエルンでは0対3の敗戦と、改めて戦力不足を嘆く内容となり、ノックアウトラウンド突破が厳しい状態となっていた。

しかし、一転して3月はケパの正GK復帰に、今シーズン戦列に入れてなかったジルー、ペドロのフィットなど前向きな兆候があり、ボーンマス戦こそ引き分けたものの、続くFAカップのリヴァプール戦で2対0、リーグ戦のエヴァートン戦で4対0と勢いを取り戻していたところであった。

また、中盤に怪我人が出たことでビリー・ギルモアという新たな才能の発見もあった

 

 

現状のチェルシー

 

 

リヴァプール、エヴァートン戦での快勝の後、中断となったため、残りのシーズンに向けての勢いを失速させられたチェルシーだったが、その期間のおかげで、負傷のため戦列を離れていた選手たちの復帰というポジティブな事もあった。

プリシッチとロフタス・チークの復帰により、攻撃と中盤のバリエーションが増えることに。特に昨シーズン成長を見せていたロフタス・チークは中盤だけでなく、左サイドでもプレーできるため、この先のリーグ戦で怪我人が出た場合役に立つこととなるはず。

しかし2つ問題があり、新型コロナウイルスへの懸念を表明したカンテが、今後のリーグ戦に出場するのかは未だ不明であること。未だシーズン終了までの短期契約を結ぶことに合意していないウィリアン、ペドロの処遇である

これらはリーグ戦再開後にわかってくるはず。

 

 

シーズンを成功させるために必要なこと

 

 

アヤックスからハキム・ツィエクを獲得し、RBライプツィヒから5300万ポンドで獲得することを控えてなお、レスターのベン・チルウェル獲得に熱心なチェルシーは、来シーズンのCL出場権獲得は絶対条件である。

現在、5位につけるマンチェスターUと3ポイント、6.7位のウルブス、シェフィールドとは5ポイント離れているため、CL出場権獲得に有利ではあるが、まだ手中に収めたとは言い難い状況である。

今シーズンのチェルシーはホームで苦戦することが多く、改善の必要がある。

現在のチェルシーに求められることは守備時の集中力と攻撃の精度であり、ランパードが3ヶ月の期間の間で練った戦術を浸透させることが出来るかが今シーズン成功への鍵になるのではないか。

 

 

残りシーズンの主役

 

 

残りのシーズンで主役になり得る選手はタミー・エイブラハムだろう。

ランパードはヴェルナー獲得で、エイブラハムにさらなる飛躍を求めている。エイブラハムは、高さだけでなく、ボックス内でのスマートさも併せ持っており、今シーズン25試合出場13ゴールを決めている。

2020年に入ってからは足首の怪我に悩まされていたが、休息の期間が取れたことで残りシーズンに期待がかかる。

 

 

シーズン終了時の予想

 

シーズン終了時に、おそらくチェルシーはCL出場権を手にしているはず。

来シーズン、高い確率でマンチェスターCはCLに出場できないため、5位以内に入ればOKで、チェルシーは5位までに入ってくるだろうと予想。また、残り2つのコンペティションに対して、FAカップは優勝の可能性が残っているものの、CLはバイエルンのホームで4点差をつける必要があり、難しいのではないか。

 

 

新型コロナへの貢献

 

 

チェルシーはハドソン・オドイが新型コロナに感染し、メイソン・マウントが自粛期間中に草サッカーをしたりと悪いニュースがあった。

しかし、クラブとしてはNHSのスタッフにホテルを開放し、国内の虐待慈善団体である避難所と協力して、脆弱な状況で自己隔離を余儀なくされた人々へ支援するなど、地域社会に大きく貢献した。

選手たちも、チェルシー財団が危機の間に困っている人々を助けることができるようにお金を寄付しました。

 

 

今シーズン、マンチェスターU相手に最悪なシーズンスタートをしたチェルシーだったが、ランパード監督の元、若手選手とベテラン選手が上手く活躍し、4位の座についている。

残りのシーズン、当然期待されるのはCL出場権とFAカップ優勝。CLもバイエルン相手に一泡吹かせる事を期待しているはず。そんなチェルシーがリーグ戦再開後、どのようなシーズンを過ごすのだろうか。

リーグ戦再開後も、随時レポートしていきます!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

Covid-19が引き起こした良いこと、悪いこと。アーセナルの場合。

プレミアリーグ、ビック6のリーグ戦再開後3試合の日程

アーセナル、チャールトンとの練習試合から気づいた5つのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です