オーバメヤンを手放すな!アーセナルOB達の声

先日もお伝えしたオーバメヤンの移籍問題↓

オーバメヤンに長期契約を提示して良い理由〜契約更新に向けて〜

オーバメヤンの契約更新失敗か?(アーセナル事情)

上の記事に関しては完全に僕個人の意見であったので、他のアーセナルファンの方々はどう思っているのだろうなんて思っていましたが、今朝のニュースにOB達の声があったのでレポートしてみました

 

 

サニャの声

 

僕がアーセナルの試合を見出した頃に右SBとして活躍していたサニャ。そのサニャがオーバメヤンを手放すべきではないとの声を挙げていた

 

「アーセナルは強くなろうとしている今、彼を放出するべきではない。彼と同じレベルの選手を獲得するためには1億5000万ポンドの費用がかかる。そんな金額を費やすくらいならオーバメヤンに5000万ポンド払ったほうが良い!」

「ファンペルシの時と同じ状況で、クラブはあの時の状況から学ばないといけない!」

 

とのこと、、、

サニャは先日のインタビューでファンペルシが移籍した際かなり動揺したと語っており、同じレベルの選手を連れてこれなかったクラブに不信感を抱いたとも。。。

そんな中で、今回のオーバメヤンの契約問題でサニャも思うところがあったようで、物申している

 

 

ポール・マーソンの声

 

元イングランド代表でアーセナルOBのポール・マーソンはこう言っている

 

「アーセナルはオーバメヤンを失えば大惨事になる」

 

さらに現在クラブで1番の高級取りであるエジルに対して、

 

「彼に週給30万ポンド(約3900万円)も払うのか? メスト・エジルがクラブを去るまで、彼らは問題を抱え続けることになると私は常に言っている」

「彼らがもしオーバメヤンに残って欲しいのなら、大金を支払わなければならないが、アーセナルはオーバメヤンに週給30万ポンドを払って2、3年後も同じ選手でいられるかどうかを考えるだろう」

 

と答えており、先日当ブログも紹介したがエジルの契約状況がオーバメヤンの契約更新に悪影響を及ぼしており、年齢でのリスクも加味して契約更新に対して及び腰になっているのではとの見解を示していた。

 

また、その他にアルシャビンも同様の意見を示していたり(どこの記事で見たかわすれてしまいました)と、チームの大黒柱であるオーバメヤンがいなくなった場合大きなダメージになるのではとの見方をしているOBは少なくない

サニャやアルシャビンは財政難の時代のアーセナルを象徴していた選手たちで、大黒柱が抜けることのダメージが大きいことを十分に理解している。特に昨今のバブリーなプレミアリーグでは競争率も上がっているため、リヴァプールやマンチェスター・シティを見ればわかるように戦力維持が重要なことは承知のこと。そういった中でこのような意見があるということを踏まえてクラブには考えてほしいところ。。。

近年リクルートに問題があると言われているアーセナルにおいて、信頼できる選手に資金を費やしてほしいOB達の声でした。

 

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ダニ・セバーヨスは今シーズン限りで退団か?アーセナルニュース

エジルはフリーで退団か?アーセナルチームニュース

アーセナル移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です