アルテタ監督が将来的な4−3−3移行の可能性を示唆。その他ニュースも

本日も更新していきます!!!

 

 

 

アルテタ監督が将来的な4−3−3移行を示唆

 

ウルブスに負け、なんともネガティブな空気が漂っているアーセナル。

そのため、今後アルテタ監督がどうやって立て直すのかが注目されているが、同監督は現状のチームにいくつか足りていない部分があると考えている模様。

将来的にやりたいフォーメーションの話なども含め、DAZNのジャーナリストであるナチョ・ゴンザレス氏に対し、アルテタ監督はこのように語ったそう。

 

「私にとって、自分たちがスペースを占めるために選手たちがどのように動くかというのは、フォーメーションよりも重要。」

「4−3−3に移行したいが、そのためにはすべてのポジションで多くの特異性が必要だが、現時点で5〜6つのポジションでそれが欠けている。

アグレッシブさ、効率、相手のボールを奪う量は、ビッククラブ相手でもとても安定している。

だが、私達が上手くいっていないは相手のエリアとファイナルサードの部分。ゴール、シュート、コーナーを作るために、攻撃の鍵、最後の決定、ラストパスやクロスを見つけなければならない。」

 

とのこと。

アルテタ監督も現在のゴール不足の解消に向けて悩んでいる模様。同監督はその他に現在のメンバーはパーソナリティがが似ている選手が多いため、フォーメーションを少しづつ変化させなければならない葛藤も口にしていた。

また、クラブの計画に関してこのように口にしていた。

 

「私達の長期的な計画は、チャンピオンズリーグのような重要なトーナメントに一貫して出場し続けること。中期的には、プレーの仕方、スタイル、クラブのDNAの改善を試みている。

そして、すべての試合で競争し続けることは、すべてのフェーズを簡単にするための短期的なもの。これはシーズンが終了した時に他のビッククラブと近づくため、今維持しなければならない最低限のこと。」

 

とのこと。

ウィリアンが加入した際のインタビューでアルテタ監督が「3年でチャンピオンズリーグ優勝まで持っていく」と言っていたことを話していたが、今シーズン終了時にどこまで近づくことができるだろうか。

また、アルテタ監督はかつて師弟関係を築いたグアルディオラ監督がマンチェスターCの監督就任後すぐに結果が出せなかった時期、メディアの見出しとチーム内の状況が全く違っていたことを引き合いに出し、変化が現れるのはこれからだと力説していたそう。

実際、アルテタ監督を解任したとしても次に連れてくる監督候補にめぼしい人はおらず、同監督の元進歩を続けることが1番の解決策かと。

早く結果が出ることを祈っている。。。

 

 

イスコ獲得を要請?

 

例のごとく、1月の移籍市場で中盤のクリエイター獲得を目論んでいると言われているアーセナルだが、先日の「Sport witness」によれば、アルテタ監督がレアル・マドリーで出場機会が減っているイスコ獲得を養成しているとのこと。

これは、同メディアがスペインのDefensa Centralから仕入れた情報だそうで、アーセナルは購入義務のあるレンタル移籍で獲得出来ないか検討しているそう。

イスコは今シーズンのレアル・マドリーで3回しかスターティングメンバーに選ばれておらず、悶々としている日々を過ごしているため、この移籍を前向きに捉えるのではないかと考えられている。

しかし、現状レアル・マドリーはこの取引に慎重なようで、来夏に売却するプランを考えているとのこと。

セバーヨスの取引を含め割と良い関係を築いている両クラブだが、1月に新たな取引を行うのだろうか。

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

昨シーズンのデジャブ。メンタリティとは。アーセナル試合レポート

ウルブス戦フォーメーション予想と、少しのニュース

ノルウェーの地に7200万ポンドの漢現る!!アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です