『Welcome Buck!!』再レンタル決定のセバーヨスを改めて紹介

本日も更新していきます!!!

 

 

 

先日ついに公式でアナウンスがあったダニ・セバーヨスの再レンタル。

昨シーズン終盤に自身のポジションを掴み、重要な役割をこなしていた同選手の補強は、資金難の真っ直中にあるアーセナルにとって待望の補強となった。

おそらく今シーズンも中盤の主力としてプレーすると思われるが、今回はそんなセバーヨスの昨シーズンプレーをプレイバックと今シーズンの起用法など考えていきます!

 

 

再レンタル決定のセバーヨス

 

先程も紹介した通り、今シーズンもう1年のレンタルが決定したセバーヨス。

アーセナルの公式Twitterでもこの盛り上がり!

 

今シーズンプレーハイライトを添えた投稿↓

 

 

ちなみにこの契約には買取オプションは付いておらず、今シーズンどれだけ活躍しようとも一度所属元のレアル・マドリーに戻らなければならない。獲得には再度交渉が必要となる。

とはいえ、セバーヨス自身はアーセナルへの再レンタルに満足しているようで、こうコメントしている。

 

「戻れてすごく嬉しいよ。自分が重要だと感じるクラブに戻れたわけだからね。レアル・マドリーに戻ったり、僕に興味を示すスペインの他クラブに行ったりするのも選択肢としてあったのは事実だ」

「でも、昨季の(FAカップ)決勝戦前に監督と話をして、アーセナルに残り、タイトルを獲得していきたい思いは伝えてあった。ミケルがこのクラブで築き上げてきたものに本当に満足していたんだ」

「昨季はこのクラブで充実した日々を過ごさせてもらったわけだから、戻ってくることに何の疑いもなかった」

 

とのこと。

昨シーズン終盤頃に受けた「Sky sport」のインタビューでも似たような発言をしており、自身の気持ちは変わりなくオフシーズンを迎えていた様子。

インタビューをまとめたレポートがこちら→ダニ・セバーヨス「Sky sport」独占インタビュー。今後についても語る

また、アルテタ監督もセバーヨスの再加入に対し、このようにコメントしている。

 

「ダニは昨シーズン、我々のチームに欠かせない存在であり、素晴らしいフォームでシーズンを終えていた。私はダニの情熱と献身が大好きだし、非常にスキルの高い選手。彼が戻ってきてくれたのは本当に嬉しいし、活躍を期待しているよ」

 

『実力はわかっているよ』とでも言っているよう。

ひとまず、懸念されていた中盤補強の1ピースはつなぐことが出来た。

 

 

昨シーズンのスタッツ等

 

昨シーズンは公式戦35試合に出場2ゴール2アシストだったセバーヨス。

数字だけ見ればそこまで魅力的に映らないかもしれないが、注目してほしいのはリーグ戦再開後のデータ↓

 

 

No.1の数字を誇っている項目が多い。

もちろん、アルテタが大幅なローテーションを組まないタイプの監督であることや、昨シーズン終盤のフォーメーション的にセバーヨスがボールに関わる機会が多かったことなど、数字を取りやすい?環境にあったことは間違いないが、立派な数字である。

また、昨シーズンに度々中盤でボールを持てないことを指摘されていたアーセナルだったが、終盤戦で持てるようになってきたこと、強豪相手にも戦う術が出来たことはセバーヨスの存在が大きい。

FAカップ準決勝の1得点目などが象徴的である。↓

 

ディフェンスラインでも臆することなくボールを要求し、前を向く姿勢は勇敢である。(もちろんジャカも)

時折見ていてヒヤッとするボール保持をすることもあるが、なんだかんだで取られることが少ないし、きっちり仕事をこなす。今シーズンはさらなる活躍を期待したい!

 

 

今シーズンのポジション

 

気になるのが今シーズンの使われ方。

アーセナルが今シーズンどのフォーメーションを使うのかいまだ明らかにはなっていないが、コミュニティ・シールドでは昨シーズンと同じ形の3−4−3を使用していた(セバーヨス加入前)。そして、その際はセバーヨスが昨シーズン担っていたポジションをエルネニーが同様の動き方でプレーしていた。

しかし、アルテタはいくつかのフォーメーションを使っていく方針を示しているそうで、強豪相手には3−4−3、その他には4−2−3−1を使用するのでは?と言われている。

そのため、3−4−3の場合はこれまで通りのポジションでプレーすると思われるが、問題は4−2−3−1の場合。

アーセナルは今夏のトップターゲットにトーマス・パーティを所望していることは周知の事実で、それすなわち中盤に強度の高い選手が欲しいということ。

仮にパーティが加入した場合はどうなるのか?わからない。

個人的には3センターで、リヴァプールのヘンダーソン、ワイナルドゥム、ファビーニョ的な形が理想形かと予想。

その他にもリヨンのフセム・アワールに関心があるとも言われており、正直まるで想像できない。

こればっかりは10月まで続く移籍市場が終わってから答え合わせです!

とはいえ、ひとまずセバーヨスの再レンタルが決定したことで、トレイラ、グエンドウジの放出が進められるはず。

チーム強化に向けて、エドゥ率いる補強部隊にはガンガン動いて欲しいところ!

これからもなにか動きがあれば、随時レポートしていきますね!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

続く補強の噂の裏で、主力選手売却の噂も。チェルシー移籍ニュース

「アーセナルに帰りたかった。」アレクシス・サンチェスが語る。

ベジェリン+トレイラ売却=パーティorアワール獲得?アーセナル移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です