『今週末の結果次第でアーセナルはタイトルに挑戦できる』アーセナルニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

さてさて、ついに代表ウィークが明けてプレミアリーグが帰ってきました!

今回も最新のニュースをいくつかまとめてレポートしていきます!!!

 

 

『今週末の結果次第でアーセナルはタイトルに挑戦できる』

 

今シーズンも熾烈な争いを繰り広げると予想されているプレミアリーグ。各クラブが充実した補強も済ませており、どのクラブが抜きん出ても良い状況である。

しかしながら、依然としてタイトルに近いのは近年驚異の勝ち点を記録したリヴァプールとマンチェスターCだと言われている。

そんな中、過去にエバートンやマンチェスターCでプレーしたジョリオン・レスコット氏がアーセナルが今年プレミアで3番目に優れているチームであり、『シティ戦の結果次第ではタイトルも挑戦できる』とコメント。

 

「今シーズンの初めは、マンチェスターCとリヴァプールしかタイトルの候補ではないと発言していた。」

「しかし、ここまでのシーズンでどちらのチームにも勝てることが証明された。そのことからアーセナルがタイトルに挑戦できると本当に思っている。」

「アーセナルが今週末に勝利を収めることができれば、彼らの可能性を考慮しなければならない。私はアーセナルをリヴァプールとマンチェスターCに次ぐリーグで最高のチームと考えている。」

 

とのこと。

また、アルテタ監督の手腕を気に入っているようで、このようにもコメントしていた。

 

「選手たちは監督がやっていることを信じている。彼らはトップの他のチームよりも明確なアイデンティティを持っている。トップで戦うのにふさわしい選手がいないと思っていたが、今夏にいくつかの素晴らしいサインをした。」

「アルテタの知性や試合を読む素質は私も見てきたが、彼の影響力と浸透の速さに驚いているよ。だが、それは彼の正確だと思う。彼はグッドガイでそれがファンや選手にも良い影響を与えている。彼が率いてからの負け方を見ても、過去見てきたようなアーセナルの負け方ではなかった。」

 

等々のコメントを残している。

また、同氏はアルテタはしばらくの間はアーセナルにコミットするはずともコメントしている。

アルテタの手腕が評価されればされるほど、以前所属していたマンチェスターCからの引き抜き等の懸念がされるが、同氏の考えでは『ファンはしばらく心配する必要がない』とのこと。

今シーズンの躍進を期待されている。

 

 

パーティがスカッド入り

 

アーセナルに加入し、先日初めてのトレーニングを終えていたトーマス・パーティ。

どうやらマンチェスターC戦に帯同しており、今夜デビューを果たす可能性があるとのこと。

また、昨日のトレーニングではチーム1に配属されプレーしていた模様。↓

 

マンチェスターC戦では攻められる展開が続くことが予想され、中盤で攻撃面も守備面でも貢献できるパーティは必要なはず。出場なるか!?

その他、アルテタ監督が前日会見でパーティについてこのようにコメントしていた↓

 

「トーマスは我々のプレーに多様性を与えてくれるだろう。」

「彼は対戦相手のフォーメーションやゲームプランによって、2つか3つの違うポジションでプレーすることが出来る。彼は私達が現時点で持っていないなにかを与えてくれる。」

「私達は、成長段階にある若手選手とキャリアのピークにあるプレーヤーとの間のバランスを取る必要がある。」

「トーマスは年齢、彼のルーツとキャリア、彼が学んできた場所、彼が持っている経験の質、そして私達のプレーに適応できるクオリティの点で、私達にとって正しいサインだ。」

 

とのこと。パーティへの期待値の高さと柔軟性について語っている。

ここまでべた褒めするぐらいなので、今夜プレーするのではないだろうか!?期待して待とう。

 

 

『今年のアーセナルはトップ4にイケる』

 

先程レスコットからべた褒めされていたアーセナルだが、元イングランド代表で現役時代にリヴァプールやトッテナムでプレーしたダニー・マーフィー氏もアーセナルを評価している模様。

アーセナルについてこう語っている。

 

「私はアルテタと、彼がアーセナルでこんな短期間で起こしていることを本当に感銘を受けている。」

「昨シーズンでさえ、彼がピッチで構築しようとしているアイデンティティを見られた。ウナイ・エメリの率いていたアーセナルは本当に冗談みたいだったが、アルテタがやってきてすぐに組織的になった。」

「FAカップとコミュニティシールドに勝つために、アルテタのアイデアを実行し、適切な選手をチームに入れるために多くの時間を費やしました。しかし、それはアルテタの経営経験の少なさへの疑念を払拭させた。」

「アーセナルは今シーズン私の中でダークホースであり、マンチェスターUとトッテナムを打ち破ってトップ4に入ることを期待している。」

 

とのこと。

しかし、同氏は最後に『タイトルへの期待はまだしないほうが良い』とコメントしており、タイトル獲得にはもう少し時間がかかる事を説明していた。

とはいえ、今シーズンのアーセナルが近年と違うことは多くのメディアでも語られており、期待に答えられることを願っている。

 

 

ティアニーが間に合った?

 

最後に朗報。

どうやらティアニーがマンチェスターC戦のスカッドに含まれる可能性が高まっているとのこと。

 

スコットランドのメディアが自己隔離帰還の短縮に成功したと報じたそうな。

今夜の試合で3バック、4バックのどちらを使うのかは定かではないが、どちらにせよ重要な役割であるティアニー離脱が痛かっただけに朗報中の朗報である。

 

 

待ちきれないですが、、マンチェスターC戦がもうすぐですね!!!

COYG

 

今後も新たなニュースがあり次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

『セスクの再獲得を拒んだのは選手流出を防ぐため』アーセナルニュース

結局ティアニーはマンチェスターC戦で起用できず?アーセナルニュース

ヴィエラ退団後にアーセナルがサインしたMFランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です