「football london」が1月最初の補強は18歳のCBと報道

本日も更新していきます!!!

 

 

 

代表ウィークが終了し、今週末からはリーグ戦、欧州カップ戦が再開する。

そんな中、早くも1月の移籍市場の話題がちらちら。

今回はそれらをまとめてレポートしていきます!!!

 

 

1月最初の補強は18歳のCB?

 

早くも1月の移籍市場の話題。

イギリスメディア「football london」が、アーセナルの1月の最初の補強は18歳のCBになると報道。

同メディアによれば、現在ヘルタ・ベルリンに在籍するオマル・レキクを1月に獲得することが内定しているとのこと。

この選手は夏の移籍市場の終盤にアーセナル加入間近と報じられていた選手で、今夏はトーマス・パーティ獲得等のドタバタがあったことで、移籍期間中に取引が間に合わなかったそう。

レキクはこれまでフェイエノールト、マンチェスターC、PSV、マルセイユのユースチームに在籍した経験を持ち、アーセナル加入後はメルテザッカー率いるユースチームでプレーしながら、定期的にファーストチームのトレーニングにも参加していくと報じられているが、ブンデスリーガのクラブにレンタル移籍させる可能性もある模様。

レキクのメインポジションは左CBで、ヨーロッパの多くのクラブから関心が寄せられていた選手だそう。

また、今夏に5年契約でセビージャへ加入したカリム・レキクは同選手の兄である。

現在アーセナルはメルテザッカー監修の元、ユースチームの強化を図っており、今夏の移籍市場でニコライ・モラー、ジョナサン・ディンゼイ、ティム・アキノラ、ジョージ・ルイス、ジョエル・イデホ、カタリン・シルジャンら6名の若手選手獲得を行った。

メルテザッカー指導の元、ファーストチームで活躍する選手に育って欲しい!!!

レキクのプレー集↓

 

 

現地ファンがエリクセンの噂に反応

 

先日、当ブログでも紹介したようにアーセナル移籍が関連付けられているクリスチャン・エリクセン。

イタリア方面のメディアでは、インテルがジャカとのスワップを画策しているなど続報が気になるところだが、この噂に対し現地ファンでも様々な意見がある模様。

football london」がまとめたところによれば、過去にトッテナムでプレーしてからアーセナルに移籍し、活躍したソル・キャンベルのような補強になるのでは!?との声が多数ある模様。

やはりライバルクラブである(アーセナルはライバルだと思っていない)トッテナム産の選手を獲得し、活躍させることが出来れば優越感に浸れることもあり、獲得して欲しいと望むファンが少なくない様子。

とはいえ、賛成の声ばかりではなく『ソル・キャンベルとエリクセンを同レベルに考えられない』や『出場機会目当てで退団したいような選手を獲得するべきではない』などの声も上がっているそう。

果たしてこの噂はどのように発展していくのだろうか!?

 

 

アーセナルOBがクラブにJ・ボアテング獲得を推奨

 

ソクラテス、ムスタフィ、D・ルイスと、来夏に多数のCBが契約満了となる予定のアーセナル。

とはいえ、ガブリエルやサリバなど優秀な若手選手を保有しているため、CB陣の大幅退団がそこまで問題だと思っていない人も少なくない。

そんな中、アーセナルOBのケビン・キャンベル氏は若手選手の成長を支えるために経験豊富な選手の獲得を行ったほうが良いと発言。

特に来夏で現在所属しているバイエルン・ミュンヘンとの契約が満了するJ・ボアテングを推奨している。

 

「ガブリエルやサリバは、ボアテングのような選手をクラブに迎えることで恩恵を受けるだろう。」

「D・ルイスがクラブにどれだけ残るのかわからないので、ボアテングは若手選手の成長を助けることの出来る経験豊富な選手となれるだろう。」

「アーセナルには個性が必要。それもトップレベルの経験があるような強い個性が必要。J・ボアテングはそれに当てはまる1人。」

 

とのこと。

また、ドイツ紙「Bild」によれば、昨夏にアーセナルはボアテング獲得に興味を示していたようで、それ以降も同選手をチェックしているそう。

D・ルイスとの契約が来夏に満了となるため、その代わりにJ・ボアテング獲得に動くのだろうか。

個人的には経験値の高いCBが1人居てくれるのは賛成で、度々やらかしがちなD・ルイスよりもボアテングのほうが安心できる気がする。D・ルイスの処遇はどうする予定なのだろう。。。

 

 

アーセナルがショボスライとの交渉を開始?

 

現在アーセナルが関心を寄せていると伝えられ、度々リンクされているドミニク・ショボスライだが、「The AFC Bell」によれば、この度同選手との契約交渉を開始したと報道。

現在交渉は初期段階だそうだが、アーセナルはショボスライのプロフィールに感銘を受けているとも。

この「The AFC Bell」という情報元は、今夏のトーマス・パーティ獲得を多くのメディアが扱う前から報じてきたメディアで、その功績からアーセナルファンからも一目置かれている存在。

主なTweetがアラビア語?のため翻訳しないとなに言っているのかわからないのだが、とにかく今夏の影響で信頼度がうなぎのぼり中のメディアである。

また、その他にスポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏もアーセナルがショボスライに対し『真剣に興味を持っている』と報道。しかし、同紙によれば他にも3.4つのクラブがショボスライに関心を寄せているそう。

果たして同選手の獲得はどのように動いていくのだろうか。続報が待たれる。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

インテルがジャカ獲得を検討で、エリクセンとのスワップを画策?

中盤の解決策にインテルで出番のないエリクセン獲得はアリ?ナシ?

今夏獲得の『NEWズラタン』がファーストチームのトレーニング参加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です