GK獲得間近も、まだまだ補強の手を緩めないチェルシー。移籍ニュース

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

すでに今夏の移籍市場で6名の即戦力選手を獲得しているチェルシー。

しかし、まだまだ補強の可能性が残っているようで、いくつか情報が出てきましたので、今回はそちらをまとめてレポートしていきます!

 

 

エドゥアール・メンディ獲得間近に

 

これまで正GKを務めてきたケパの不調により、今夏の補強箇所とされていたGK。

移籍市場が開いてから多くの選手がリンクされていたが、先日の報道によれば、レンヌに所属するエドゥアール・メンディ獲得に動いていると報じられていた。

最新の報道によれば、そんな同選手との移籍交渉がまとまった模様。

Goal.com」では、チェルシーがメンディ本人と個人合意。移籍金は2000〜2800万ユーロの間で決着する見込みと報じている。

すでに選手はメディカルチェックに向かっているようで、来週中にも獲得のアナウンスがあるのではないか?とも。

新たなGKは一体どれほどの活躍を見せることが出来るのだろうか。

 

 

デクラン・ライスに引き続き関心

 

待望のGK補強が完了しそうなチェルシーだが、同クラブはまだ補強の手を緩めないつもりだそうで、長らく関心を示していたデクラン・ライス獲得も行う可能性があるとのこと。

しかし、同選手獲得にはおよそ7000万ポンド必要と言われており、すでに今夏2億ポンドの資金をつぎ込んだチェルシーはその金額を下げたい模様。

そのため「football insider」によれば、チェルシーが同選手獲得のオファーにロス・バークリーを含める考えがあるとのこと。

今夏にハキム・ツィエクとカイ・ハヴェルツを獲得したため、バークリーは来シーズンのプレー機会が大幅に減ることが予想される。

しかしながら、ウエスト・ハムがバークリーを望んでいるかはわからず、あくまで考えがあるだけな模様。

チェルシーは今夏にライス獲得を実現するのだろうか。

 

 

カンテ売却はなし

 

今夏すでに2億ポンド程の資金を投じていたため、補強と同時に資金の回収も進めていたチェルシー。

先日の報道によれば、主力選手であるエンゴロ・カンテも放出候補に入っているとされており、同選手の獲得を望んでいるインテルからオファーが届いていると報じられていた。

そんな中、「Guardian」の報道によれば、チェルシーは今夏にカンテの放出をしないことを決め、インテルからのオファーを拒否したそう。

インテルからは、金銭+ブロゾビッチの譲渡というオファーが届いていたとのこと。その他にもクリスチャン・エリクセンを取引に含める案も出たそうだが、チェルシーはそれにも興味がないことを伝えたと報じられている。

しかし、資金を作るために同じく主力選手のジョルジーニョ放出は前向きに検討する用意があるとのこと。

 

 

移籍報道のジルーは残留濃厚

 

昨シーズン終盤の活躍により、1年の契約延長を勝ち取っていたオリヴィエ・ジルー。

しかし先日、スポーツジャーナリストのディ・マルツィオ氏が、同選手がユベントス移籍に合意しており、ルイス・スアレスとの契約次第で移籍するとレポート。そして、そのレポートがまたたく間に拡散されていた。

しかし、ジルーは「テレフット」にて、その報道を否定。このように発言している。

 

「今朝、友人からこの噂を教えてくれたメッセージを受け取って驚いたよ。それは事実とはかけ離れている。僕はチェルシーの選手だし、ここでは良い気分だよ。僕は自分の居場所のために戦うよ。」

「でも、この手のクラブの注目を集めるのはいつも良いことだよ、お世辞にも嬉しいことだ。ただ、僕はチェルシーに集中している。これからの数週間で何が起こるかを見ていくことになるだろう。しかし、何もサインしていないし、何もしていない。私は否定する方が好きだよ」

 

今シーズンはヴェルナー、エイブラハムとポジションを争うことになるジルー。

昨シーズンのような活躍を見せられるだろうか?!

 

 

その他、移籍情報に続報が入り次第随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

エミ・マルティネスの退団加速と代役候補のダビド・ラヤについて

グエンドウジはトレーニング復帰もPSGが獲得に関心?アーセナル移籍ニュース

プレミアリーグ最新ニュース。アーセナル、チェルシー、マンU、etc..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です