「獲得に全ベットして欲しい」アーセナルOBが獲得を願う選手とは?

本日も更新していきます!!!

 

 

「獲得に全ベットして欲しい」アーセナルOBが獲得を願う選手とは?

 

連日弊ブログでも紹介しているように、現在レアル・マドリーからレンタルで獲得しているウーデゴールが完全移籍とならかった場合のプランB問題。

ナビル・フェキルやコウチーニョなど、具体的な名前も出ているが、アーセナルOBのナイジェル・ウィンターバーン氏はある選手の名前を挙げ、『全ベット』して欲しいと要望を。

このように語っている。

 

「アーセナルがオールインしてジャック・グリーリッシュとサインするところを見たい。

彼は素晴らしい選手で、彼の能力はそれを物語っている。彼のような選手はクラブが前進したいのであれば獲得を検討するべき選手。

彼は左サイドでのプレーを好む傾向があるため、それが現在のアーセナルのセットアップでどのように機能するかを確認する必要があるが、彼は10番の役割でもプレーできると確信している。

ウーデゴールが完全移籍になるか定かではないため、事前に対処する必要がある。

ただ、確かなことはグリーリッシュが獲得可能となった場合は多くのクラブが彼の獲得に動くだろう。」

 

とのこと。

ウィンターバーン氏はグリーリッシュを高く評価しており、ウーデゴールの獲得が上手く行かなければ全ベットしてでも獲得に動いていほしいと提言している。

とはいえ、グリーリッシュは昨年の9月にアストン・ヴィラと長期契約を結んでおり、現行契約は2025年の6月末までとなっている。

そのため、獲得には一度の移籍市場で使う予定の移籍金を『全ベット』しなければならないほどの移籍金になるはず。

獲得できれば確実にチームを向上させることが出来る選手だが、その辺りをどう考えるか。

 

 

夏には新たなSBを獲得する必要があるとアーセナルOBが語る

 

今シーズン、ベジェリンが安定感のないパフォーマンスに従事していることで今夏の補強ポイントとされている右SB。その他の補強ポイントと同じように、すでに何名かの選手とリンクされている。

しかし、先日のウエストハム戦で右SBとして出場したチェンバースが好プレーを披露したことで、ここ最近は補強の風向きが少し変わる可能性があるのでは?とも囁かれていた。

そんな中、アーセナルOBのケヴィン・キャンベル氏がそういった噂を否定。改めて右SB補強の必要性とチェンバースを売却するべきだと提言した。

 

「(チェンバースが右SBの答えとなるか?)ノー。夏にはまだ右SBとサインする必要がある。

チェンバースは答えではない。ウエストハム戦で良い試合と彼のするべきプレーをこなした。しかし、彼は長い間クラブに在籍しており、その間に彼が右SBの答えだと証明したことがない。だから、彼が突然答えとなることはない。

クラブは才能のある選手を欲しており、チェンバースは長期的な解決策ではない。

アーセナルが本気だと言うなら、チェンバースのような選手を売却しなければならない。」

 

とのこと。同意。

たしかにこれまでのアーセナルであれば、チェンバースを右SBとしてプレーさせて新たな大物ストライカー獲得に動いていたはず。

そして、その結果ここ最近のリクルートが失敗続きだと避難されてきた。

もちろんチェンバースは右SB以外にも、CB、DMFとしてもプレーできるため、チームとしては有用な選手だが、これは他チームにも言えることで、チェンバースならばある程度の金額で売却できる可能性がある。まだ若いし。

そして、その移籍金で新たな右SBを獲得すると。好循環を作っていかなければならない。

とはいえ、そういった人情みたいなのがアーセナルの良さだったりして、そうなればなるほど寂しい感じもあるが。。。難しいファン心理。。。

 

 

ルーカス・トレイラは条件次第でアーセナル残留も

 

現在アーセナルからアトレティコ・マドリーへレンタル移籍をしているルーカス・トレイラ。

しかし、昨シーズン終盤戦でアルテタ監督から出場機会を得られず、そのためにレンタル移籍を選択していたトレイラだが、アトレティコでも重要な戦力とは言い難くレンタル終了後に買い取られることはないと報じられている。

そんな中、イギリス「ミラー」によれば、トレイラはアルテタ監督が自身のことを戦力に含めてくれるでのあれば、アーセナルに戻ってプレーすることにオープンであるとのこと。

そして、そうでなかった場合は今夏にアーセナルから完全移籍で退団する意向だという。

アーセナルは今夏にMF補強が必要だと言われており、トレイらであればパーティと組ませても面白いかもしれない。

が、同メディアはアーセナルは今夏にトレイラを売却して新たなMF獲得に向かうのでは?と報じている。

トレイラがレンタル中のアトレティコ・マドリーは、現在スペインリーグで首位に立っており、これが売却する上で好条件を引き出せる可能性があるかもしれないとのこと。トレイラは常時試合に出られているわけではないので、そこまで条件を上げられるかは微妙だが。

仮に買い手が見つからなければクラブの事を理解しており、ある程度PLでのプレーレベルが分かっているトレイラを残留させるアイデアはあると思うが。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

パウロ・ディバラ獲得にはヨーロッパのコンペティション資格が必須?

マルティネリは来シーズンが重要な年に!?その他ニュースも

当たり前?アーセナルがスミス・ロウとの契約延長に動いている模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です